あつまろです。

フランス旅行にいって、
いろんな企業の商品や看板をみました。

いたるところで目についたのが
サムスン電子の看板。

強いようです。

日本におけるサムスンより
フランスの方がよっぽど存在感がありました。
薄型TVはサムスン製が店頭に並んでいました。

また、LG電子もよく見かけました。

韓国家電メーカーは日本企業と競合するためか、
あまり目にしませんが、海外に出ると強さを感じます。


一方、日本企業はというと、
カメラのキャノンやニコンなどを
フランス人など欧米の人がよく手にしているのが
目につきました。

また、ニンテンドーDS。
やってます、フランスでも。
大学生くらいとおぼしき人たちが
電車の中でやっていました。
また、店にも並んでいました。

さらにはSONY製品。
ヘッドホンやカメラなど見かけました。
さすがグローバル企業。

電気や精密機械というと上記製品が
消費者レベルで目につく製品ということになります。

日立、東芝、松下製はたまたまなのか、
目にしませんでした。

道路に目をやると、
やはりプジョーなど欧州車が多いものの
トヨタ、日産もみかけました。

しかし、ホンダなどその他メーカー車は
目につきませんでした。

ヨーロッパは、日本からは少し遠い存在です。
ですが、非常に好調な地域ですし、
今後も存在感を強めていきそうです。

日本、アメリカ、中国マーケットだけで完結する
企業も多いのですが、ヨーロッパにも浸透する製品を作って
初めてグローバルプレーヤーと言えるのではないでしょうか。

そういう意味では、
あつまろ自身はあまり評価をしていない
SONYなんかは、やはり海外に認められている
日本有数のグローバル企業なんだろうなと感じました。

blogランキングに一票お願いします