あつまろです。

日銀が金利上昇を決定しました。

これまでの0.25%から0.5%に
上昇することになるそうです。

金利の正常化へ向けての一歩、
ということで、
あつまろは
歓迎すべきことと思います。

でも正直、
実際のインパクトはきわめて小さいようです。

預貯金の金利も依然低水準ですし、
住宅ローン金利も大きくあがることはないでしょう。
企業負担も同様に大きなインパクトはないようです。

世界の金利水準と大きな開きがある今、
世界マネーが日本円を借りて
他通貨で運用して、その利ざやで稼いでいます。

そのことにより、
実態以上に円安になっているように思います。
日本は円安の居心地がいいので、
歓迎しているようですが、
それは一過性のもの。

いつの日かは、実態にあわせた
為替水準になります。
そうなったときに円高のあおりをうけて
減益となる企業が多々出てくることでしょう。

バブル期も2%台の低金利水準が続いたので、
投機マネーが不動産を中心に起こり、
バブルを誘発しました。

経済の実態と大きくかけはなれた
金利水準は経済の歪みを生み出します。

あつまろは、2%近い水準まで
金利をあげるべきだと思います。

ですが、急激な上昇はいろんなところに
ひずみが出ることになりますし、
福井総裁のこれまでの行動を見ると
来年春までに1%行くかどうか、
ということになりそうです。

ちなみにイチ投資家の観点では
2%台までくれば、
日本債券投資も検討できるようになると思います。

現在の水準ではとても検討できません。。。

blogランキングに一票お願いします