あつまろです。

ETF(東証株価指数(TOPIX)に連動した上場投資信託)は
絶対儲かる、と竹中元大臣が発言したことにより、
問題になりました。

しかし、実際にあのときに投資しておけば、
2倍に増えていることになりました。
結果的に竹中元大臣の予言通りになりました。

株式自体は長期的に見て
値上がりしていくことは
歴史が証明しているので、
日本株が叩き売られていたあの時期、
悲観論が正常に戻ることで株価が上昇する、
と読んだのでしょう。

いま、あつまろが
「絶対儲かる」と言って
すすめるとしたら
中国株ETFをすすめます。

楽天証券で
ハンセンH株指数に連動したETF
(香港上場の中国本土企業)
が販売されますので、
100万でも200万でも黙って買って、
10年後に蓋を開けてみれば、
2、3倍くらいになっているのではないか、
と思います。

既にここ1,2年で倍程度の値上がりがあるので
当面、上値余地は少ないと思いますが、
成長性を鑑みると長期保有するなら
なんら問題ないと思います。
少なくとも日本株のETFよりも
期待は持てる、とあつまろは思います。

blogランキングに一票お願いします