あつまろです。

テイクアンドギヴ・ニーズ(4331)の
株価が下落してきている理由を考えてみます。

まず第1に、
これまでの直営店拡大という路線から
結婚式に関わる周辺事業へ舵を切ったことが
挙げられると思います。

いままでのやり方は成功してきていたのですが、
野尻社長は結婚総合事業を目指しているので
成功体験のない、新事業へのチャレンジをしています。

これが投資家からすると
リスクポイントとしてみられている点があると思います。

そして2点目のポイントとしては、
参入障壁が低く競合が多いこと。

同社はハウスウェディングのパイオニアですが、
2番手、3番手も駆け寄ってきています。
だんだんと先行者のメリットも下がってきている点もあるのでしょう、
だからこそ、ウエディング事業一本でいかずに
関連へ手を伸ばした経営戦略にもつながっているのだと思います。

最後はインサイダー疑惑でしょう。

野尻社長も若い社長ですし、
ホリエモン、村上ファンドなどの問題で
投資家の警戒感が強まり、売りが膨らんだと思います。

さて、3点とも全て懸念点には違いないです。
ですが、それを差し引いたとしても
業績は拡大を続けていますし、
新事業が成功する可能性もあります。

株価がかなり下落してきており、
注目に値します。
今後の株価や業績動向を見ながら投資を検討していこうと思います。

blogランキングに一票お願いします