あつまろです。

いまの流れとして
株式でいうと高配当金、
ファンドでいうと毎月分配金など
投資した結果が定期的に
手元に戻ってくる仕組みが注目されています。

そのうち、配当について。

配当金が高いことは
高評価されていますが、
一概に良いとは言えません。

無配当であっても、
利益を企業内部に貯めておいて、
その利益のキャッシュを用いて
設備投資など企業内再投資を行うことで
さらなる将来の利益に結びつくことができます。

しかも、配当には税金がかかりますので
確実に目減りします。
しかし、企業内の再投資であれば
税金がかからないため税金の繰延効果があります。

とは言いつつも。
配当金が手元にくるのはうれしいものです。

損得を抜きにして考えて
配当金で何か買ってみるのも
よいものです。

今後の投資へのモチベーションを高めることも
できるんではないでしょうか。


blogランキングに一票お願いします