あつまろです。

2006年になって家計簿をつけ始めたあつまろですが、
家計の方程式を読みました。

著者の畠中雅子さんは見た目がごつそうな人なのですが、
お金に関する考え方が素晴らしく、共感できます。

この本の中からあつまろなりの要約をすると以下3点です。

\疚鵝∪疚鵑箸いΔ韻譴匹金を貯めることが全てじゃない、
無理しなくていいよ。

∪疚鵑任んばるよりも共働きで収入を増やして
その分、節約は無理しなくてもいいようにした方がいいと思う。

ライフスタイル別の支出配分の紹介

節約といっても人生を楽しまないと意味ないから
無理しなくていいよ、という「思い」が文章から伝わってきて
ほっとさせてもらえます。

またライフスタイル別の支出配分は
指標値として参考になります。

例)独身・一人暮らし
食費      15%
住宅費     30%
電気/ガス/水道  5%
通信費     5%
日用雑貨費   3%
趣味娯楽費   5%
被服費     5%
交際費     10%
その他     7%
保険料     5%
貯蓄      10%

あつまろは寮住まいなので住宅費は
こんなにかかっていませんが、
食費と趣味娯楽費、被服費など大幅に上回っています。

それにしても貯蓄10%はあまりに少ないような気がしますが。。

blogランキングに一票お願いします