あつまろです

きょうは5大資産の中から『日本株式、外国株式』のカテゴリー。
テーマお風呂の入り方と株式投資。
==============
1.日本株式
2.外国株式
3.日本債券
4.外国債券
5.預貯金
==============

株式投資については短期売買をする人と長期投資をする人がいます。
お風呂でもゆったりと湯船につかる人とシャワーだけですます人がいます。

時間の流れがスピードアップしているせいか、
株式では短期売買、お風呂はシャワーでさっとすませる人が
増えてきているんじゃないでしょうか。

別にどちらでも一長一短があるので一概に言えませんので、
その人にそったスタンスをとるのが一番だと思います。

あつまろ自身はすぐセカセカしちゃうので、
できるだけノンビリするように心がけています。

株式投資の取り組みをお風呂に入るのに例えるとこんな感じになります。
↓↓↓

熱いお風呂に足を少しずついれていくように
株式市場に最初はおそるおそる入っていく。
最初は体が冷えているのでゆっくり慣らす感じです。

あとは腰まで湯船につかって体を温めるように
ノンビリと株式市場に居つづける。

リラックスして体が芯まで温まったとき、湯船から出る。
株式も十分温まったらそのときに売ればいい。

じっくり、ゆっくりと取り組むんです。
株式市場に長期間資金を投入し続けること、
そして過熱期には一部収穫する。

そういうスタンスを心掛けています。