あつまろです。

きょうは5大資産の中から『3.日本債券』のカテゴリー。
テーマはきのうに引き続き個人向け国債について。
==============
1.日本株式
2.外国株式
3.日本債券
4.外国債券
5.預貯金
==============

現在の金利下では個人向け国債の魅力は
あまり感じないのが現状です。

しかし、景気が上向きになり、
量的緩和解除の時期を模索し始めてきているのが
最近の動向です。

そこで株式への積極的に収益を狙う資金とは別に
守りの資金として変動金利型10年債に預けるのは
いいかもしれません。

今後、5〜6年後には日本の金利も
3%くらいまで上昇しているかもしれません。

そのときであれば十分魅力がありますし、
金利上昇してくれば固定金利型5年債も
十分に使える商品となります。

あつまろは当面(5,6年のスパンで)大きなお金を必要としないため、
できるだけ株式に資金を向けています。
しかし、5,6年後に金利が上がってくるようになり、
かつ住宅購入の目標や、子供がいたりするような場合を想定すると
株式の比率を減らして債券で確実に利回りを確保する、
という選択肢は十分使えます。

個人向け国債は今後、日本の金利と自分の支出プランの動向次第で
うまいこと使える商品になるかもしれません。

ニュースを見ながら注目していくつもりです。