あつまろのこだわり資産運用

個人投資家。長期的な視点で資産運用に取り組んでます。

2009年08月

20代資産1000万ある人は3%

あつまろです。

日経ヴェリタスを読んでて知りました。
20代で1000万以上の資産がある人は
全体の3%しかいないそうです。

あつまろは運よく超えましたが、
社員寮があったことなど、
いろいろ追い風要素もありました。

でも、資産1000万というのは、
区切りよい目標ですね。

まず、100万、次に300万、
500万、700万、1000万と。

千里の道も一歩から。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

宝くじの心理

あつまろです。

あつまろは買ったことがないのですが、
買ってしまう心理も理解できます。

ですが、宝くじの還元率は45%。

つまり1万円分買うと、
4500円が戻される計算です。

そんな宝くじをどうやって買ってしまうのか、
その理由をあつまろなりに考えてみます。

「理由」

^貪前後賞3億円という額が高いが故に、
還元率などの合理的な損得勘定に目がいかなくなる。

∧くじの購入単価が低いため、
損したときの痛みが見えなくなる。

6デ蓮競輪、競艇など
ギャンブラーの知識に関係なく、
簡単に公平に競いあうことができる。

ぃ達佑望茲辰討祭りのようなイベント感覚で
参加(購入)してしまう。


以上です。
やはり理由は,大きいでしょう。

人間心理としては絶対額が大きいと、
その額に目がくらんで、
経済合理性を失う傾向にあるそうです。

宝くじを買った人は、
多かれ少なかれ当選したときの
「よいイメージ」を持たれるでしょう。

そのイメージを楽しむこと自体が
宝くじのよい効果でもありますが、
一方で経済合理性が麻痺している状態でもあるのです。

ところでこのブログをご覧になっている皆さんは、
宝くじって買われてるもんなのでしょうか?

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

年収は600万以上が必要

あつまろです。

昔、AllAboutで読んだ記事ですが、
すごく印象に残っていて、
いまでもときどき思い出します。

家族が普通に生活するためには、
年収600万円以上が必要だそうです。

皆がそんなにもらえるわけないだろうと
思って読んでいましたが、
何も男性だけで、それだけ稼ぐ必要はなく
夫婦あわせた世帯年収で勝負する手もあると書かれていて、
「なるほどね」と感じました。

フルタイムで働くと2〜300万円は
期待できると思います。

もちろん、昨今の就労環境からは
正社員や派遣社員としての働き口自体も
簡単ではありませんが、
仕事を選ばず探せば何かしらはあるわずです。

夫婦共働きと言っても、
幼いお子さんがいらっしゃれば育児で
難しいということもあるでしょう。

その場合は、ある程度の年齢までは
専業主婦として、あとでフルタイムに復帰するなど
対応するのでよいと思います。

専業主婦からの復帰は
あつまろが口で言うほど
簡単なことではないでしょうが、
ひとつの選択肢だと思います。

もちろん、男性も家事や育児に積極参加して
家事や育児の面でも「共働き」する形にすべきです。

女性は社会で働き、男性は家事育児に参加した「共働き」
これが我々の世代の標準的モデルになるとよいと思います。

あつまろはDINKs世帯なので
子育て世帯の苦しみはこれからですが、
二人で話をして、この路線で行こうと思っています。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

世界の時価総額ランキング

あつまろです。

日経の調査による
世界株式時価総額の
ランキングが発表されました。

1位 ペトロチャイナ(中国)
2位 エクソンモービル(米国)
3位 チャイナモバイル(中国)
4位 マイクロソフト(米国)
5位 ウォルマート(米国)
6位 シノペック(中国)
7位 BHPビリトン(英、豪)
8位 ジョンソンエンドジョンソン(米国)
9位 P&G(米国)
10位ロイヤルダッチシェル(米国)
11位IBM(米国)
12位AT&T(米国)
13位BP(英国)
14位ネスレ(スイス)
15位ペトロブラス(ブラジル)
16位アップル(米国)
17位フォルクスワーゲン(ドイツ)
18位GE(米国)
19位グーグル(米国)
20位ロシュ(スイス)

このランキングを見て、
どうお感じでしょうか?

残念ながら日本企業は
ベスト20に入っていません。

トヨタが22位、ドコモが62位、
ホンダが64位、NTTが71位、
キヤノンが88位に入ってるのみです。

また、中国の企業が1位をはじめ、
ベスト10に3社が入っています。

ここにも世界における中国の地位の高さが
表れています。

地味にあつまろの目についたのは、
ネスレとロシュ擁するスイスです。

小さな国ですが、食品と医薬業界で
世界トップに君臨する企業を持つ同国は、
どのような土壌があるのでしょうか。

気になりました。
ちなみにネスレがスイスって
意外に感じる人多そうですね。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

選挙に興味ありますか?

あつまろです。

「自民 対 民主」
「政権選択」
「マニフェスト」

テレビや新聞でよく見かける
キーワードです。

ですが、実際に選挙に興味ありますか?

年齢が若くなればなるほど、
興味が低いのだと思います。

では、なぜ関心がないのでしょうか?

20〜30代くらいの世代は、
年金問題しかり、医療問題しかり、
あまり自分の生活に影響を与えないこともあり、
政治に興味を持たない。

興味を持たないから、投票しない。
投票しないから政治家が
若者に向けての政策を考えない。

若者はますます興味をなくす。

20〜30代にとっては
いまの政治の仕組みは悪循環になっています。

でも、これからの世代である
20〜30代の政策を実施しないと、
いまを重視して将来を考えた政治がなされず、
国の借金が積み上がる一方です。

これからの国の政策はどうすべきだと思いますか?

あつまろはこんなことを
やってほしいなと考えてます。

‘く世帯への支援として、
お金でなく保育所などの共働き支援の仕組み化

日本産業のアキレス腱になっている
国内農業の自由貿易促進と、
それに伴い大規模農業会社など攻めの農業への変換

成長戦略として、戦略基幹産業の育成
例えば環境技術としての新エネルギーへの高額買取制度の拡充
燃料電池などの研究開発支援
国を挙げての外国人をターゲットとした観光業の発展
シンガポールのように最新医療研究基地化

ざい企業が海外移転で空洞化しないよう、法人税の引き下げ
金持ち優遇、弱者切り捨てと言って空洞化するのはマズイです。

ズ眄再建
借金返済して、雪だるま式負債を
自分たちの子供世代へ負の遺産を残さない

η金、医療の給付削除、負担上昇
「いつか爆発する、爆弾を世代から世代へ回すゲーム」
はもう止めたいです。

破綻するなら、早めに手を打ちましょう。
痛みは出るかもしれませんが、
どうせ破綻したらもっと痛む人が出ます。

問題の先送りはなしにしたいです。


Я挙改革

車で名前を連呼するのは、あまり意味がありません。
何をするんですか?
どうしたいんですか?

立候補者の考えを広く深く、私たちに伝えてほしいです。

ネットを活用してほしいです、
投票もネットでできるように仕組みを作ってほしいです。

以上になります。
これはさっと思いついたのを挙げただけですので、
じっくり考えると、まだまだ出てきそうです。

このブログを見て下さる皆さんが考える
政策はどんなのがありますか?

いまはどの政党もピンと来ません。

もっとマニフェストをしっかり見たり、
候補者が何をしたいのかを見たいですが、
投票に値する政党や立候補者がいないかもしれません。

でも、もしかしたら白紙かもしれませんが、
投票には行きます。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。


大人への通過儀礼

あつまろです。

古今東西いろんなところで、
大人になるための通過儀礼があります。

昔の武士であれば元服、
どこかの民族ではバンジージャンプをする、
など通過儀礼があります。

年初にトルコに行ったときは、
トルコでは軍隊が通過儀礼になるようでした。

トルコでは日本に比べて
親の子供への過保護教育らしいのですが、
厳しい軍隊経験を経ることで心身共に変わるそうです。

で、現代の日本の通過儀礼ってなにかと、
ふと考えてもこれというものが出てきません。

成人式は意味をなしていませんし、
あまり明確なものがないのですが、
強いて言えば就職して社会に出ることでしょうか。

一括採用で新人として
会社内で「社会人として」という教育を受けます。

学生時代はお金を払っていたのが、
お金をもらって働くことになります。
そしてそのお金で生活する。

その一連のプロセスが
学生から社会人への脱皮のようで
一種の通過儀礼な気がします。

ニートやフリーター生活で
親にパラサイトしている状況な人は、
大人になることを厭うピーターパン症候群の一種に
なるのだと思います。

通過儀礼は責任を背負うなど、
いまからの変化を意味しますから、
いまのままでいたいという気持ちも理解できます。

そろそろあつまろは29歳になります。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

SBI証券と楽天証券の手数料値下げ合戦

あつまろです。

SBI証券と楽天証券で
株式の取引手数料の値下げ合戦が
繰り広げられています。

直近では楽天が値下げをしたので、
約定代金が10万円以下で
現在両社とも145円になります。

また、SBI証券が動くのかもしれません。

価格競争により、値下げすることは、
わたしたち一般投資家には、
ありがたいことです。

ですが、あまりに行きすぎた競争は、
利益なき競争を生み、やがて競合がいなくなり、
寡占化が進むこともあります。

「最安値」「No1」というキャッチフレーズは
魅力的な看板ではありますが、
数円単位では、正直わたしたち投資家には
あまりメリットではありません。

そろそろ競争をストップしていい頃だと思います。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

読書感想文☆巨大投資銀行☆

あつまろです。

巨大投資銀行」を読みました。

久々に経済小説を読みました。

ハゲタカが面白かったので、
外資の金融機関に関する書籍を
読もうと思って読みました。

上下巻になっています。

前半部分はどちらかというと
何人かの外資金融機関での
働きっぷり、仕事っぷりに関する話です。

後半部分は、主人公が出世していって
外資から離れて某国内銀行するというストーリー展開です。

主人公は国内銀行よりモルガンスタンレーに転職して、
M&A業務を主に行っています。

作者はアメリカ在住だったこともあり、
むこうのビジネスをよく調べられていました。

それにしても、株式発行やM&Aで
証券会社がこれだけの収入を得ていたんだということも
初めて知りました。

ストーリーも面白いですが、
個人的には金融機関のビジネスを
垣間見れたのが収穫でした。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

「ねんきん定期便」で自分の年金額を調べる

あつまろです。

誕生月になったので、
「ねんきん定期便」が来ました。

あつまろは20代なので、
同じ年代だと、
「年金なんて先の話」と
取り合わないことが多いと思います。

しかし、このねんきん定期便、
郵送費に人件費などを考えるだけで
ざっと100億円は超えるお金がかかってそうです。

このお金だって誰かが出してくれるのでなく、
私たちの社会保険料から支払われているはずですので、
「この分、保険料に回せ!」と言いたい気持ちを
ぐっとこらえて、自分なりに定期便を有効に活用する道を
考えた方がいいんじゃないかと思うのです。

ご参考に、あつまろがとった行動をお伝えます。

まず、最初に加入期間のチェック。
そして標準報酬で、厳密に調べるのは大変なので、
ざっくりした給料との比較をしました。
問題なさそうです。

回答用紙は、以前ねんきん特別便で
返信済なので、問題なければ不要とのこと。
※出してない人は出しましょう。
出してないと何度も催促をすることになって、
その分、我々のお金が使われることになります。

あとは、1枚目に書いている
「これまでの加入実績に応じた年金額」をチェック。

ん?年額30万円しかないです。
これじゃ、生活なんてムリムリ。

しかしこれは、これまでの実績をベースにした金額です。
一番最後のページに、標準報酬が出ているので、
そこに今後加入予定の月額期間をセットすると、
書かれた計算式に則って電卓を叩くと60歳時点での
年金見込額が出てきます。

老齢基礎年金(全員加入)と
老齢厚生年金(サラリーマン用)を足しても
年間200万もいかないことが判明。

これじゃ、生活ができませんね。

ねんきん定期便からは、
こういう情報を得ることができました。

今後、給料が増える可能性はあるものの、
それ以上に今後年金給付率が下がるのは目に見えているので、
この年間200万以下というのが、ひとつの目安でしょう。

でも、あつまろの場合は結婚していて、
奥さんも働いているので、二人分で考える必要があります。

そう考えると、今後も二人とも働き続けると、
国民年金だけでなく、厚生年金がもらえるので、
違うものだな、と改めて思います。

国以外にも、企業独自で設定している年金制度があります。
※厚生年金基金、401k、税制適格年金、確定給付年金

しかし、あとは自己責任です。
そのためには、できるだけ早くから
将来を考えて資産運用を初めていきたいです。

20代で老後のことを考えるとおかしいですね。

でも、アリとキリギリスのこともありますから、
いまの生活も楽しみながらも、
将来の冬が来ることは、頭の片隅に置いておきたいのです。

こんなことなら、あのときやっておけばよかった、
そういうことは、なるだけ避けたいのです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

「カルピス」は「味の素」の子会社なんです

あつまろです。

たまたまスーパーに行ったときに
見つけたカルピスの瓶。

水に割って飲んだ昔が懐かしくって、
思わず買ってしまいました。

その後、毎日飲んでしまってます。
カルピス、うまい!

で、こういうときは
企業情報チェックと思ってみてみたら、
上場対象からカルピスが出てこない。

あれ?と思ってみてみたら、
味の素の子会社なんですね。

2007年に上場廃止していました。
おそらく記事は目にしていたのでしょうが、
あまり食品会社に興味がないせいか、
すっかり流してしまってました。

それにしても、食品業界における
味の素の強さってすごいですね。

投資対象うんぬんは別にして、
なぜ、これだけ強いのか気になります。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。
記事検索
Recent Comments
おすすめ記事
15年保有前提の株式投資
ポイント亡者に気をつけよう
バフェットの視点 賃貸VS持家
敷金を取り戻そう。
プロ野球親会社の歴史
栃木のすごい企業「マニー」
最強日本企業ファナック
便器の王者TOTO
便器の王者に質問!
コマツ〜日本の底力〜上
コマツ〜日本の底力〜中
コマツ〜日本の底力〜下
パナソニックの将来
ホンダの夢、そして現実
マクドナルド I'm loving it ?
マクドナルド戦略的閉鎖
テルモのM&Aってどうなの?
日本電産の冒険
ポートフォリオの考え方
インフレを前提にした資産運用モデル
90%長期投資と10%投機
神奈川県以外に進出しない学習塾
ケチャップの王様、ハインツHeinz
埼玉のすごいスーパー
15期増収増益企業ヤフーの変心
利益を生み出さない企業、アマゾン
世界を席巻する日本のコンビニ
カルビーのココがスゴイ!
投資道
30日ルール:失敗からの教訓
銘柄選び (貯株銘柄)
銘柄選び (逆転銘柄)
銘柄選び (成長銘柄)
投資方針の設定
お金持ちになる薬
株投資チェックリスト(自己診断)
株投資チェックリスト(定量評価)
株投資チェックリスト(定性評価)
株価大暴落に「ありがとう」
その株買うの、ちょっと待った!
サイフを落としました
Archives
Profile
あつまろの
こだわり資産運用

 

twitter
人気記事ランキング
メッセージ

名前
メール
本文
株式投資の未来
株式投資の未来〜永続する会社が本当の利益をもたらす
バフェットからの手紙
バフェットからの手紙 − 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル
経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件
マネジメント
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
プロフェッショナルの条件
プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
銃・病原菌・鉄
銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
ポーター競争の戦略
競争の戦略
コトラーのマーケティング
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版
大局観
大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
自分のアタマで考えよう
自分のアタマで考えよう
知の逆転
知の逆転 (NHK出版新書 395)
  • ライブドアブログ
投資信託の種類