あつまろのこだわり資産運用

個人投資家。長期的な視点で資産運用に取り組んでます。

2008年01月

NZで知ったこと、感じたこと、考えたこと

あつまろです。

NZでは長い好景気が続いているそうです。

もともとNZでは右ハンドルということもあり、
日本車が大半を占めているのですが、
そのほとんどが中古車だそうです。

車は10万キロからと言われ、
日本では誰も買わないような中古車が
NZで売られている、そういう状況だったそうです。

しかし、高景気が続き、
新車販売も増えているそうです。

たしかに都市部では、
レクサスやアウディなどの
高級車ディーラーショップがありました。

物価上昇も進んでいるらしいですが、
所得上昇を上回っているのでは、という声もありました。

NZ人はマイホーム主義らしいのですが、
頭金ゼロでのローン購入ということもあるそうです。

そうです、NZは若干バブル気味なのです。
高景気、物価上昇、高金利というサイクルが続いていますが、
実態を超えた上昇には調整がつきものです。

遠くない将来、経済がへこむタイミングがあるな、
という風に感じました。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログへ
クリックで応援よろしくお願いします。

NZで知ったこと、感じたこと、考えたこと

あつまろです。

NZは羊が多いです。

人口400万人に対して、
その数4000万頭と言われています。

羊の肉、ラムは多くのレストランで売られていますし、
羊毛を用いた加工品や輸出品となっています。

しかし、それでも羊の数は減ってきているそうです。

主要輸出先であるイギリスがEU域内での輸入を促進していたり、
化繊品などに取って代わられている傾向があるからだそうです。

その羊に代わって増えているのが、
牛だそうです。

牛は肉牛、乳牛ともにいます。
実際、乳製品などは定評があるらしく、
アイスクリームなどおいしいそうです。

中国もそうですが、
新興国は経済成長とともに
「食の西洋化」が進みます。

牛乳や乳製品、牛肉の消費量は増える傾向にあります。

そして、あつまろの目にとまったのは、
牛の育て方です。

広々とした放牧で、牛は牧草を食べて育ちます。
健康的な飼育です。

オーストラリアも同じ方法らしく、
飼料が原因となったBSE問題は影響がありませんでした。

健康的飼育は安全の高まり意識向上にとって追い風です。
広い牧草地で育つ牛は、筋肉がついて日本人の好みである
霜降りに比較すると固いのですが、
海外ではこちらの方が好まれる傾向があります。

また、NZは乾燥がすごいので、
水やりを徹底しないとすぐ牧草が枯れてしまいます。
よって、大きな農場では1000万以上の
GPS機能のついた移動式水やり機をアメリカから輸入していました。

それぐらいの費用をかけても、
採算がとれるのでしょう。

ニュージーランド産牛、
魅力的に写りました。

農家と契約して輸出している企業があるそうなので、
投資できるのであれば、検討したいなと思いました。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログへ
クリックで応援よろしくお願いします。

NZで知ったこと、感じたこと、考えたこと

あつまろです。

NZといえば、
どういうことを想像されるでしょうか?

羊が牧草地にいる。
ラグビーのオールブラックス。
金利が高い。

いろいろありますが、
あつまろなりにNZを紹介していきます。

まず、国土については、
日本の4分の3で、北海道を除いた程度の
大きさになるそうです。

緯度は日本の正反対と考えてもらうとよいです。
いまは真夏になりますが、乾燥していることもあり、
日陰に入ると暑くなくて涼しく感じます。
また、気候変動は日本ほど大きくないらしいですが、
逆に一日の温度差が激しく、一日のうちに四季があるとも
言われているそうです。

そして、人口は400万超しかいません。
横浜市や大阪市の人口から少し多い程度です。

最大の都市オークランドが130万人程度で
人口の3分の1にあたりますが、オークランド以外は
信号すらないことが多く、広々とした生活を送っています。

主な産業は牧畜やその加工品になり、
第一産業がメインとなっており、
機械などの工業は弱く輸入に頼っています。

面積や位置関係は日本に近いものの、
産業や人口などは大きな差異があります。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログへ
クリックで応援よろしくお願いします。

NZに行ってきました

あつまろです。

長い間、ブログ更新できていませんでしたが、
じつは1週間ニュージーランドに行ってきました。

出発前にブログに書いておこうと思ったのですが、
準備にバタついてそのまま行ってしまいました。

休暇(バカンス)としてNZに行ってきたのですが、
いろいろなことを見聞きすることができました。

この一週間、株価問題にも大きな動きがあったようですね。
向こうではCNNでチラリと見る程度だったのですが、
世界中の株価下落で、日経平均も12000円台にまで
下落したというニュースは見てびっくりしていました。

いまは一週間分の日経新聞を取り寄せて
不在中の日本の情報を取り戻しているところです。

また、NZ旅行で得た情報や考えたことを
ブログに書こうと思います。

姉妹ブログサイト「あつまろのこだわり英語」へ
blogランキングに一票お願いします

08年1月は種まき時期

あつまろです。

2008年は世界の株式相場が
波乱の幕開けとなりました。

日本株も年始の日経新聞で
日経平均の下値予想は14000円
という予想が多かったのですが、
一気に13000円台半ばまで
落ち込みました。

一方、個人的には
大型株を中心に買いました。

オリックス(8591)
コマツ(6301)
本田技研(7267)
の3銘柄で資産の1割にあたる
100万超の資金を投入しました。

もちろん3銘柄とも
あつまろのモットーである「15年保有」を
前提にした投資です。

本田技研なんかは配当利回りも2%超あるので、
インカムゲインを得ながら、
長い目で株価上昇でキャピタルゲインを追う、
そういう悠々自適な投資になることをイメージしています。

これからもう一段株価が下がるようなら、
さらに100万程度の買いを考えています。

大型企業はメディア露出度も高いので、
新聞やTVなどのトピックニュースや業界動向が
より身近なものに感じることができるという、
「おまけ」も楽しみです。

いまこそ、せっせと種まきをするときと思っています。

あとは、チェックをしながら成長を見守り、
頃合いを見計らって収穫するだけです。

姉妹ブログサイト「あつまろのこだわり英語」へ
blogランキングに一票お願いします

タイムマシン経営とプラップジャパン(2449)

あつまろです。

米国での流行したものを
日本で事業として立ち上げる。

「タイムマシン経営」とソフトバンクの
孫正義さんが名付けたそうですが、
そんな事業をしている会社をふと目にしました。

ジャスダックのプラップジャパン(2449)です。

手がけているのは、広報・PRの支援・コンサルティング事業。
同事業では米国ではPR会社は既に一定の地位を得ているそうです。

日本でも小泉政権時代の衆院選で
PR戦略をとって話題になりましたが、
その支援を行っていたのが、同社らしいです。

最近の不祥事による対応で
社長会見がまずく、さらに信用凋落することもあれば、
一時パナソニックの給湯器不具合で呼びかけ広告で
逆に企業姿勢が好感されたケースもありました。

そういうケースを目にするにつけ、
広報、PR会社は自社で考えるだけでなく、
専門家のアドバイスを得ることで、
ブランディング力をつけるということの大切さを感じます。

同社も2005年上場とマイナーな存在ですが、
PR会社の時代」という本が
昨年秋まで社長で現会長の矢島尚氏が出しており、
これから読んでみようと思います。

あと、昨年秋から社長が杉田敏氏になっています。
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、
同氏はNHKのビジネス英語の講師です。

あつまろも一時聞いていたので、ビックリしました。
テキストではアメリカPR会社を舞台にしたエピソードがあり、
PR会社ということを聞いたときに違和感がなかったのも
そのせいでしょう。

まだ、よくわかっていない会社ですが、
プラップジャパン(2449)、気になる存在です。


姉妹ブログサイト「あつまろのこだわり英語」へ
blogランキングに一票お願いします


ネット個人長期投資家の敗北に思う

あつまろです。

まず、あつまろ自身も
ネット個人長期投資家のはしくれですが、
あえてこんなタイトルにしました。

ご存じな方も多いと思いますが、
ファンダメンタル分析を行う
個人の長期投資家のブログでは、
どのサイトを見ても
(8907)フージャースコーポレーション
を保有しているような状態でした。

あつまろ自身は不動産に関しては
あまりわからないのと興味がわかなかったので、
「へぇ」と思いつつ眺めていましたが、
どのサイトを見てもみなさん、
しっかり研究されているように思いましたし、
実績として利益も出してるので「すごいなぁ」と
思っていました。

それがあれよあれよという間に
株価が下がっていまでは06年開始時の
5分の1くらいに下がっています。

そうなると、一気にどのサイトからも
フージャースの名が消えていきました。

結果的に株価が下落したのですが、
企業なんて人が集まったものですし、
いろんな環境要因があり、
手に入れれていない情報もあるので、
100発100中なんて難しいものです。

なので、株価が下がってもしょうがないなという感じです。
それどころか今こそ皆が逃げて安いんじゃないのかな、
なんて思ったりします。
※あつまろ自身が保有していて打撃をうけていると
きっと今頃、違う考え方なんでしょうが・・・

他にもテクアンドギブニーズも結構人気がありました。
この銘柄は10分の1以下です。

あつまろ自身も一時検討しましたが、
納得できなかったので、結局、
投資は見送りました。

ネットって独特の一体感があって、
有名な人がみなこぞってある銘柄を推奨すると
「そうなんだ」と同調しがちになるんですね。

投資雑誌もアナリスト情報も信用しない人が
なぜか有名個人投資家のブログだけは信用する、
そういう人、多かったんじゃないかな、と思います。

他の人が自分の知らない情報を得ていて、
そうだったんだ、という発見もあるので
一長一短ですが、ブログの考え方をうのみにするのは危険です。

もちろんアナリストなど専門家情報も、です。
投資雑誌を1年置いて、読み返してみて下さい。
ぜんぜん予想とあってないことは数えきれないくらいあります。

あつまろだって投資するとき、
不安を持っています。
自分の考えは間違ってるんではないかと
思うことはしょっちゅうあります。

あつまろのブログで書いてることも
あまり信用しないで下さい。

結局は、自分で考え自分で決断することです。
そうするとダメでも人のせいにせず、納得できますし、
ヤケドしてもそれがまたとない勉強料となります。

フージャースの株価を見て、
そんなことを思いました。

姉妹ブログサイト「あつまろのこだわり英語」へ
blogランキングに一票お願いします

サブプライム第3波到来と世界株価下落

あつまろです。

日経平均13500円、
本当にすごいです。

これだけ下げると底値が見えないというのが、
専門家も含む投資家の本音でしょうけど、
別に底値で買うのが投資の醍醐味ではありません。

『魚の頭と尾はくれてやれ』
というくらいの気持ちでよいかと思いますが、
さて、みなさんはどうでしょうか。

今週はアメリカ金融各社の4半期決算で
問題の大きさを実感する週なので、
株価が予想どおりドンドン下げています。

まあ、前回の決算時にサブプライムに関連した損失は拡大すると
見られていたので、これ自体は想定の範囲内です。

昨年夏のサブプライム騒動、
秋頃の決算発表に続く第3波です。

クリスマス商戦もいまひとつだったようで、
これからどんどん実体経済へ波及は続きそうですね。

米国株は昨年は結局プラスになっていることを考えると、
今年前半は下落続き、というのは十分考えられます。

そして、アメリカが転ぶと、
2人3脚で皆が転ぶように
他国にも当然影響が出ると思います。

ま、いろんな想定がありますが、
玉石混合で株価が安くなりそうです。

いまは他国と比べても日本株は十分安いので、
前半は徹底的に日本株式を下値追いするつもりです。
ですが、さすがにどこかで底値を打つと思うので、
08年後半はボーナスを得て、いまより下がった
米国個別株デビューするかもしれません。

GE、ジョンソンエンドジョンソン、P&Gなど
超有名の優良企業を買いたいな、と前から思っていました。
(どうもここのところは大型株に目がいくんです)

円高で為替が伸びると外国証券への投資も
気持ちよくできます。

預り資産の評価額が目減りしていくのは、
やはり楽しいものではありませんが、
投資機会がやってくるという点では、
現在はとても喜ばしい状況です。

15年保有をモットーに投資しているので、
焦る気持ちは必要ありません(←自分に言い聞かせてます)

『人の行く裏に道あり花の山』
みんなが売るなら、喜んで買いです。

姉妹ブログサイト「あつまろのこだわり英語」へ
blogランキングに一票お願いします

応援したい日本企業13社の割安度をチェック。

あつまろです。

ついに日経平均14000円を割りました。
ここまで下がるとは本当にびっくりです。

2ヶ月前の11月17日に株価水準を
PERと配当利回りで見ました。
(四季報の予想利益からの算出です)

この2ヶ月でいかに変わったかを見ました。
しかし、本当に日本株は安くなりました。

.ャノン
(前回)
PER   14.6倍
配当利回り 1.81%
(現在)
PER   12.4倍
配当利回り 2.36%
(一言コメント)
安すぎです。
(魅力度)
★★★★★


▲謄襯
(前回)
PER   27.3倍
配当利回り 0.51%
(現在)
PER   29.0倍
配当利回り 0.48%
(一言コメント)
割安感はないですが、将来性期待大
(魅力度)
★★★

F本電産
(前回)
PER   24.1倍
配当利回り 0.66%
(現在)
PER   22.0倍
配当利回り 0.72%
(一言コメント)
永森流M&Aは日本株価低迷にて
吉と出るのではないでしょうか。
(魅力度)
★★★

ぅ肇茱
(前回)
PER   12.9倍
配当利回り 2.29%
(現在)
PER   11.7倍
配当利回り 2.52%
(一言コメント)
割安度は魅力的です。
(魅力度)
★★★★

ゥ曠鵐
(前回)
PER   10.8倍
配当利回り 2.27%
(現在)
PER   9.3倍
配当利回り 2.63%
(一言コメント)
安い、配当利回りも魅力。
(魅力度)
★★★★★

信越化学工業
(前回)
PER   15.0倍
配当利回り 1.23%
(現在)
PER   14.3倍
配当利回り 1.28%
(一言コメント)
割安感がかなり出てきています。
(魅力度)
★★★★

東レ
(前回)
PER   20.9倍
配当利回り 1.19%
(現在)
PER   19.3倍
配当利回り 1.29%
(一言コメント)
割安度はもうひとつ、ただし事業内容が期待大
(魅力度)
★★★★

┻般邁D&C
(前回)
PER   34.2倍
配当利回り 1.10%
(現在)
PER   34.0倍
配当利回り 1.11%
(一言コメント)
1、2年は利益がでていませんが、
3,4年後を考えると割安感あります。
(魅力度)
★★

ファーストリテイリング
(前回)
PER   17.7倍
配当利回り 2.00%
(現在)
PER   22.7倍
配当利回り 1.56%
(一言コメント)
株価上昇してきました
(魅力度)
★★

新日鉄
(前回)
PER   12.2倍
配当利回り 1.51%
(現在)
PER   11.9倍
配当利回り 1.55%
(一言コメント)
安定銘柄、もう一段安だと魅力度UP
(魅力度)
★★★

三菱商事
(前回)
PER   12.2倍
配当利回り 1.67%
(現在)
PER   10.7倍
配当利回り 1.90%
(一言コメント)
PER10倍割れ、配当2%超だとうれしい
(魅力度)
★★★★

オリックス
(前回)
PER   8.8倍
配当利回り 0.66%
(現在)
PER   7.0倍
配当利回り 0.83%
(一言コメント)
完全割安放置されてますね。本当に安い。
(魅力度)
★★★★★

住友不動産
(前回)
PER   25.6倍
配当利回り 0.49%
(現在)
PER   17.7倍
配当利回り 0.71%
(一言コメント)
もう一段安がありそうです。
(魅力度)
★★

以上13社を見てきましたが、
伝統指標であるPERは10倍前後まで
下がってきている企業が多々あります。

また、配当利回りからも2%程度と
株価が安く放置されていても、
配当生活で株価が戻るまで
気持ちよく過ごせそうです。

姉妹ブログサイト「あつまろのこだわり英語」へ
blogランキングに一票お願いします

マイホームか賃貸どっち?

あつまろです。

さいきん友人がマンションを買ったそうです。

30代前後になってくると、
マンションを購入したという話が
ちょこちょこ入ってきます。

あつまろは首都圏に住んでいるので、
新築マンションを購入するとなると高いです。
もちろん戸建ては言わずもがな、です。

よく、賃貸と購入どちらかという比較を
サイトとかでやっていて、
「??年後には購入した方が逆転する」という
コメントと試算グラフを見かけます。

でも、賃貸って頭金を払わない分、
資産の運用益を得ると思うんです。

しかし、そこまでは考慮に入ってないものが多い・・・
いえ、入っているのは見たことがないです。

例えば、1000万を3%で運用していくとすると、
結果がかなり変わってくると思います。

金銭的には賃貸の方がいいと思いますが、
マイホームのメリットもあります。
例えば、下記のような項目です。

・一国一城という安心感、達成感という心理効果
・土地への投資という見方(土地の値上がりが前提ですが)
・住宅ローンを組むことで、家計のムダを省くような心理効果
・賃貸物件より販売用物件の方が構造がしっかりしているケースが多い

あつまろ的には賃貸物件自体が
造りがよくない、という点がすごく気になります。

日本は賃貸市場へ軽視してきたというのが、
よくあらわれています。
賃貸物件はあくまで一時的なもの、という考え方で
質の面で見劣りするケースが多いです。

とはいえ、だんだんそれも変わってきていますし、
他にも中古物件を購入してリフォーム、という考え方もありますし、
選択肢はいろいろあります。

まだまだ勉強の余地はあります。

姉妹ブログサイト「あつまろのこだわり英語」へ
blogランキングに一票お願いします



記事検索
Recent Comments
おすすめ記事
15年保有前提の株式投資
ポイント亡者に気をつけよう
バフェットの視点 賃貸VS持家
敷金を取り戻そう。
プロ野球親会社の歴史
栃木のすごい企業「マニー」
最強日本企業ファナック
便器の王者TOTO
便器の王者に質問!
コマツ〜日本の底力〜上
コマツ〜日本の底力〜中
コマツ〜日本の底力〜下
パナソニックの将来
ホンダの夢、そして現実
マクドナルド I'm loving it ?
マクドナルド戦略的閉鎖
テルモのM&Aってどうなの?
日本電産の冒険
ポートフォリオの考え方
インフレを前提にした資産運用モデル
90%長期投資と10%投機
神奈川県以外に進出しない学習塾
ケチャップの王様、ハインツHeinz
埼玉のすごいスーパー
15期増収増益企業ヤフーの変心
利益を生み出さない企業、アマゾン
世界を席巻する日本のコンビニ
カルビーのココがスゴイ!
投資道
30日ルール:失敗からの教訓
銘柄選び (貯株銘柄)
銘柄選び (逆転銘柄)
銘柄選び (成長銘柄)
投資方針の設定
お金持ちになる薬
株投資チェックリスト(自己診断)
株投資チェックリスト(定量評価)
株投資チェックリスト(定性評価)
株価大暴落に「ありがとう」
その株買うの、ちょっと待った!
サイフを落としました
Archives
Profile
あつまろの
こだわり資産運用

 

twitter
人気記事ランキング
メッセージ

名前
メール
本文
株式投資の未来
株式投資の未来〜永続する会社が本当の利益をもたらす
バフェットからの手紙
バフェットからの手紙 − 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル
経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件
マネジメント
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
プロフェッショナルの条件
プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
銃・病原菌・鉄
銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
ポーター競争の戦略
競争の戦略
コトラーのマーケティング
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版
大局観
大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
自分のアタマで考えよう
自分のアタマで考えよう
知の逆転
知の逆転 (NHK出版新書 395)
  • ライブドアブログ
投資信託の種類