あつまろのこだわり資産運用

個人投資家。長期的な視点で資産運用に取り組んでます。

2007年12月

2008年はもっといい年にしましょう。

あつまろです。

今年の年末年始は休日が重なり、
長期の連続休暇がとれてうれしいです。

さて、08年が始まりますが、
いろいろな面でよりよい年にしたいと思います。

「いい年になるといいな」ではなくて、
「いい年にする」という意気込みでいきたいと思います。

個人的な話になりますが、
たとえば、資格をとるという目標で、
自分自身の成功体験と
市場価値を高めることが狙いです。

来年の今頃は
「08年は○○ができた年」と思えると
ステキなことです。

他にもいろいろ目標を立てています。
例えば。

カラダを引き締めて、体力向上を狙いとして、
「ジムのプールで年間52キロメートル泳ぐ」とか。

自分の知識を広げるという狙いとして、
「年間52冊の本を読む」とか。

資産運用に絡んだものとしては、

資産1600万を目指すために
「家計の収支管理、投資のリスク管理を日々徹底する」とか。

投資への興味継続、投資のことを深く考えるために
「このブログをまた1年間継続する」とか。

まぁ、そんな感じでいろいろ目標考えてます。
※オール達成させたいものです。

では、2008年もよろしくお願いします。

姉妹ブログサイト「あつまろのこだわり英語」へ
blogランキングに一票お願いします

2003年〜2007年の投資損益率は30%でした。

あつまろです。

今年は投資成果はプラスマイナス0くらいかなと
思い、損益管理の大切さを身にしみた年でした。

そこで、2003年より投資を開始しましたが、
これまでの株式と投資信託の
取引履歴をすべて洗い出して、
損益を算出しました。
※かなり骨が折れる作業でした。。

損益算出計算式は下記のとおりです。
損益額=現在評価額+売却精算金+配当金―買付精算金

この結果、あつまろのこれまでの
累積損益額は168万円でした。

============
現在評価額  664万円
累積売却配当金 59万円
累積買付金額 555万円
============

これを投資金額で割ると平均リターン率は30%です。
4年間の合計で30%となると、
たいしてすごくないですね。。

やはり今年の投資パフォーマンスが
足を引っ張っているようです。
まあ、でも全体を通してみると合格点の範囲内です。

長期的に良いパフォーマンスを残すためには
割安と思われる株式を丁寧に拾うことです。

よくばらずに年間損益は3%出ればいい、
そんな気持ちで来年も資産運用をやっていくつもりです。

姉妹ブログサイト「あつまろのこだわり英語」へ
blogランキングに一票お願いします

2008年前半の投資戦略

あつまろです。

資産の振り向け先としては、
下記5分類へと振り分けています。

現在、預貯金が多少積みあがってきたので、
2008年前半はどこへ投資するかを考えてみます。

==========
1.日本株式 
2.外国株式
3.日本債券
4.外国債券
5.預貯金 
==========

1.日本株式
⇒08年は低迷した1年でした。
日本国内の景気動向の先行きは曇りがちですが、
これまで他国に比べてPERが高い傾向にあった
日本株式が一気に下がってきて、一部業種では
指標値を見る限りは割安感が漂っています。

よって、08年前半も仕込み時と捉えています。
注目度★★★★★(星5つ)

2.外国株式
⇒07年自体は先進国は小幅上昇、
新興国はそれなりに上昇基調にありました。
米国はサブプライムを筆頭に懸念はつきまといますし、
新興国については、北京オリンピックをはじめとして、
成長鈍化がいつ現れるかという懸念があります。

ここ数年間は中国株、韓国株、タイ株と注目してきましたが、
08年前半はETFを用いて先進国、新興国に広く薄く投資する、
という当たりさわりのない入り方をしていこうと思います。

その中で注目できる国、企業の発掘ができれば、
個別投資も考えていこうと思いますが、
いまはこれといった対象がないです。

注目度★★★(星3つ)

3.日本債券
⇒長期金利も短期金利も予想以上の低迷っぷり。
金利上昇はストップしたまま。
はっきり言って、現在の金利水準でのメリットは薄いです。

注目度★(星1つ)

4.外国債券
⇒メジャー通貨である米ドル、ユーロをメインに。
ただ、為替状況を鑑みると、円の価値が安すぎると判断。
外国債券への投資は為替状況を注視しており、
現時点では投資したくても、できないという状況です。

注目度★★(星2つ)


■総括■

08年前半は主軸は日本株式。
世界が素通り(パッシング)している
日本株式に割高感はありません。

実績もあり、安定成長を見込める
割安株を丁寧に拾って、
15年熟成する方針に変わりはありません。

商品価格が高騰しつつも、
いつ暴落するかという懸念があるからか、
(日本にとっては資源株に位置する)商社株などの
低迷も目につきます。

08年前半で株価がまた、
15000円を割るような展開になれば、
積極的に買いを入れていこうと思います。


姉妹ブログサイト「あつまろのこだわり英語」へ
blogランキングに一票お願いします

1年に1度は資産の棚卸を

あうまろです。

自分がどれくらいの資産があるかわらない。

案外、そういう人ってけっこういるようです。
でも、1年に1度どれくらいの資産があるかを
調べてみてはどうでしょう?

預金はもちろんのこと、
株式の現在時価評価額や
持株や財形などの資産も洗い出して
どれだけの資産があるかを把握して
記録してみましょう。

そのときに、来年はこれくらいの額になるといいな
というのをメモるのです。

そして、また来年調べてどうなったかを見る。
いつの間にか簡単なPDCAサイクルが回りはじめます。

姉妹ブログサイト「あつまろのこだわり英語」へ
blogランキングに一票お願いします

姉妹ブログサイト「あつまろのこだわり英語」始めました。

あつまろです。

姉妹ブログサイト「あつまろのこだわり英語」
新たに始めました。

あつまろは現在TOEIC570点なのですが、
来年度中にTOEIC730点を目指してがんばろうと
決意してブログを立ち上げました。

ブログを書くことを励みに、
目標達成にむけて英語をがんばっていこうというものです。

もしよければ、ご覧になって下さい。

姉妹ブログサイト「あつまろのこだわり英語」へ
blogランキングに一票お願いします

読み終わった本は売ることにしています。

あつまろです。

月3,4冊は本を購入するので、
読み終わった書籍は
たいてい売るようにしています。

売却の方法は下記の3種類です。
。腺唯腺擅錬里任僚佗福
■截腺硲錬魯ークションでの出品。
ブックオフで売却。

ネットでの売却は面倒ですが、
封筒やテープ、ハサミなどの材料を一式揃えて
袋に入れるようにしたので、
あまり負荷がかからなくなりました。

ブックオフで売却するよりも、
ネットでの売却の方が高値で売れることが多いです。

流行の本は新品で買って、すぐ売ると高値で売れます。
昔、流行った本は流通量が多く、
ネットで中古品で安く買えることが多いです。

あつまろは書籍代が多くかかるので、
少し手間ではありますが、
こういう方法をとっています。

※これで利ざやをとる気は全然ありません。
あくまで知識を得ること、読書を楽しむことが目的です。

blogランキングに一票お願いします

プロの予測なんて怪しいものです。

あつまろです。

今年の春に買った投資雑誌を
読み返しました。

プロ11人が07年の投資を予測するという企画です。

■Q1.日経平均は07年中に15000円割れはあるか?
A.「ない」10人、「中立」1人

結局、今年日経平均株価は15000円割れたわけですが、
「ある」と予測した人は1人もいません。

それにしても、中立という表現がどっちつかずでせこいですね。

■Q2.07年にWTIで1バレル=80ドル以上の原油高があるか?
A.「ある」2人、「ない」8人、「中立」1人

実際には100バレル近くまで上昇したわけですが、
「ある」と予想したのは2人だけです。
大半は「ない」と予想しています。

■Q3.07年に1ドル=110円割れの円高があるか?
A.「ある」2人、「ない」9人

これも実際は107円くらいまで上昇したわけですが、
大半が「ない」を予想しています。

他にも個別株予想を含めて多くの予想をしていますが、
大半は外れています。
これは春までは景気がよい流れで、
強気な見方が多かったためでしょう。

結局は、プロもその時々時点を判断するしかなくて、
未来の予測なんて難しいもので、
いろいろな変動要素があるため、
すべてを見切ることなどできません。

これはプロを馬鹿にするわけではなくて、
世論に流されるだけではいけませんということを
言いたいのです。
特に専門家の意見に左右されないようにしたいです。

投資をする場合は、楽観シナリオ、悲観シナリオを立てて
いろんな可能性を考えていきたいです。

blogランキングに一票お願いします

また株価が下げてきました。

あつまろです。

一時は16000円台を回復した
日経平均でしたが、
15000円台前半にまで下げてきました。

ひょっとしたら、
また14000円台に
突入するかもしれません。

海外市場に比べて
2007年の日本市場の弱さは
目立っているそうです。
※05年は逆によかったので、
ここ3年トタールで見ると
上昇率はあまり変わりませんが。。

海外投資家もついこないだまでは、
日本市場に注目していると言っていたのが、
いまや日本パッシング(素通り)、
という報道が目立ちます。

06年などはちょっとした
高級品が目立っていましたが、
最近はイオン、ヨーカドーなどの
安いPB商品が人気だそうです。

まるでデフレ期の5,6年前に
逆もどりした雰囲気すらします。

こういう状況だとい我々一般人からすると
いまのような不確定な状況では
手を出しにくいのではないでしょうか。

でも、企業はがんばっています。
なので、買いたい銘柄はいっぱいあります。
株価が狙いを定めた株価水準まで下げてくれば、
ドンドン買いを入れたいと思います。

5年前は悲観論一色でした。
でも、その後すごい上昇相場になりました。

一寸先は闇です。
それをどうとらえるか。
人それぞれです。

blogランキングに一票お願いします

今年の目標と来年の目標

あつまろです。

気がつけば、そろそろ2007年も
終わろうとしています。

悲しいほどに時が経つのは、
早いですね。。

さて、1年前にあつまろは
2007年の目標を立てました。

そのうちの1つが
資産1000万超だったのですが、
これは無事達成することができました。

他にも6つの分野で目標をあげましたが、
結局、4つ達成。
(うち2つは曖昧な目標でしたので、
達成できたかはあやしいものです)

残りの2つは目標未達成でした。
(おもに自己研鑽系の勉強モノです)

すべて目標達成するつもりだったので、
1つでも未達があることは、敗北です。

未達成って、モチベーションが下がります。

ですが、来年も目標を立てようと思います。
基本的に今年立てた目標の上にさらにハードルをあげて
立てるという形式をとる予定ですが、
今年の反省を踏まえて、
来年こそはすべて目標達成しようと思います。

ちなみに資産運用に関わる目標は、
既に本ブログでも公表していますが、
世帯資産1500万円です。

このブログをご覧になっている方も
「来年までに○○する!」と、
紙に書いて、毎月進捗確認をするといいと思います。

目標を立てることは大事です。
ただ、継続して実行し続けることはもっと大事ですので、
工夫して継続し続けるようお互い努力したいですね。


blogランキングに一票お願いします

世帯資産残高1200万円になりました。

あつまろです。

株価はかなり戻ってきて、
16000円前後を行き来するように
なりました。

結局、狙っていたオリックスを筆頭に
ホンダ、信越化学、コマツなどの国際優良企業群は
下値を拾えず、株価が息を吹き返してしまいました。

来年、結婚式や新婚旅行が控えており、
モノ入りなので、無理に買う必要はなかったのですが、
これだけ安い株価で優良企業を買える
いいチャンスだったので、ちょっとガッカリです。

また、次のチャンスを伺うようにします。

さて、あつまろは世間より少し早いと思いますが、
12月分のボーナスも給料も入りました。
世帯資産残高1200万円に到達しました。
※あつまろ単独では、1050万円です。

ここ最近の株価下落で一時はピーク時から
100万円程度の資産評価額減少していました。
最近は少し持ち直しましたが。

あつまろは年間の投資パフォーマンスを図っていなかったので、
来年からは評価損益をちゃんと調べるようにしようと思います。

今年前半は中国株を中心に大上昇しましたが、
後半は中国株の調整と仕込んだ日本株は思いっきりマイナスで、
年間トータルの投資評価額はトントン、もしくは若干マイナスでしょうか。
※やはり正確な数値を抑えていないのが、悲しいです(TT)

投資を始めて5年目で、これまでは環境が良くて、
ほぼ全勝という状態でしたが、
損が立て込んでくるとパフォーマンス管理の大切さが身にしみます。

来年は400万弱の出費がありますが、
世帯資産1500万は確実に突破したいと思っています。

ただ、資産目標があるからと言って、
「投資でこれだけ儲けよう」と
強欲にならないようにと自分に言い聞かせています。

来年も「損をしない投資」を前提に
慎重で丁寧な投資を心がけたいです。

blogランキングに一票お願いします
記事検索
Recent Comments
おすすめ記事
15年保有前提の株式投資
ポイント亡者に気をつけよう
バフェットの視点 賃貸VS持家
敷金を取り戻そう。
プロ野球親会社の歴史
栃木のすごい企業「マニー」
最強日本企業ファナック
便器の王者TOTO
便器の王者に質問!
コマツ〜日本の底力〜上
コマツ〜日本の底力〜中
コマツ〜日本の底力〜下
パナソニックの将来
ホンダの夢、そして現実
マクドナルド I'm loving it ?
マクドナルド戦略的閉鎖
テルモのM&Aってどうなの?
日本電産の冒険
ポートフォリオの考え方
インフレを前提にした資産運用モデル
90%長期投資と10%投機
神奈川県以外に進出しない学習塾
ケチャップの王様、ハインツHeinz
埼玉のすごいスーパー
15期増収増益企業ヤフーの変心
利益を生み出さない企業、アマゾン
世界を席巻する日本のコンビニ
カルビーのココがスゴイ!
投資道
30日ルール:失敗からの教訓
銘柄選び (貯株銘柄)
銘柄選び (逆転銘柄)
銘柄選び (成長銘柄)
投資方針の設定
お金持ちになる薬
株投資チェックリスト(自己診断)
株投資チェックリスト(定量評価)
株投資チェックリスト(定性評価)
株価大暴落に「ありがとう」
その株買うの、ちょっと待った!
サイフを落としました
Archives
Profile
あつまろの
こだわり資産運用

 

twitter
人気記事ランキング
メッセージ

名前
メール
本文
株式投資の未来
株式投資の未来〜永続する会社が本当の利益をもたらす
バフェットからの手紙
バフェットからの手紙 − 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル
経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件
マネジメント
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
プロフェッショナルの条件
プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
銃・病原菌・鉄
銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
ポーター競争の戦略
競争の戦略
コトラーのマーケティング
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版
大局観
大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
自分のアタマで考えよう
自分のアタマで考えよう
知の逆転
知の逆転 (NHK出版新書 395)
  • ライブドアブログ
投資信託の種類