あつまろのこだわり資産運用

個人投資家。長期的な視点で資産運用に取り組んでます。

2006年12月

教育テーマ投資 (秀英予備校4678)

あつまろです。

秀英予備校について。

■結論。

評価=B(良い)

正社員講師という高品質授業を求める点は評価。
拡大路線もあり、利益が一時的に低下しており、
その分、ただでさえ人気のない業界ですが、
その中でも割安感は目をみはるものがあります。

長期的には増収増益路線に
向かっています。
財務体質も良好です。

割安株投資として考えれば、
面白みはないですが、
手堅い投資ができると思います。

blogランキングに一票お願いします

教育テーマ投資 (秀英予備校4678)

あつまろです。

■事業内容

静岡を基盤として中部地方中心。
関東にも進出しています。
拡大路線で北海道、三重にも進出しています、
この拡大への費用がかさんでいる状態で、
利益率が下がっている要因です。

小中学生向けがメイン。
小中学生が卒業した後も囲い込みを行うため、
高校生向けも力を入れています。
一人の生徒を小学生から大学まで通ってもらうというのは、
経営戦略の選択肢としては悪くないと思います。

講師が正社員という点が特徴です。
正社員講師はアルバイト講師に比べて
平均の質が上がることは間違いないと思います。
これはメリットと言えます。

ただし、アルバイト講師に比べて人件費がかかるのは
間違いありません、これはデメリットです。

あと、塾の拡大に苦労しているようです。
新教室へ講師が異動することで、
既存教室の質が低下してしまっています。
また、学習塾はその地域での知名度と実績がモノを言います。
未開地域については、集客力がなく、
利益率が低下しますが、無料夏季講習などで、
まずは生徒確保に走っているようです。

拡大路線がスムーズに行っていない部分がありますが、
未進出地域に進出していくことで中長期的には
増収増益に向かっている点は間違いないでしょう。

ただし、拡大という量を求めることは
質の低下が避けられないわけですから、
その匙加減が微妙なところです。

blogランキングに一票お願いします

教育テーマ投資 (秀英予備校4678)

あつまろです。

学習塾業界の
個別銘柄研究ですが、
第2の注目企業として
秀英予備校を取り上げます。

■まずは財務指標値分析
12月27日終値が1,643円。

06年実績のPER7倍
07年予想でPER8.5倍
⇒07年は減益ですが、翌年以降は増益予想であり、
このPERはかなりの割安感があります。

ROEが11%
自己資本比率69.5%
⇒ほとんど負債がない状態で、
ROEが11%。08年は減益予想のため、
10%を割り込むことが予想されますが、
合格ラインは超えています。

営業利益率19.3%
⇒15%を超えると優秀ですが、
20%近い利益率はかなり高いといえます。

05年から08年までの
予想年間利益成長率は-2.1%
⇒数値だけで見ると、
3年間でマイナス成長はよくないファクトです。

blogランキングに一票お願いします

教育テーマ投資 (クリップコーポレーション4705)

あつまろです。

クリップコーポレーション。

■結論

評価=A(大変良い)

学習塾事業も悪くはないですが、
サッカー事業こそが魅力。

また、他事業への取り組みは
意見がわかれると思いますが、
それが同社のDNAなのでしょう、
低リスクと見ていますし、
あつまろは評価します。

そして、
収益率の高さ
財務の健全度
株価の割安度
事業の安定度

15年投資のあつまろの
教育事業のパートナーとなりうる企業です。

blogランキングに一票お願いします

教育テーマ投資 (クリップコーポレーション4705)

あつまろです。

クリップコーポレーションの続きです。

■事業内容

事業は学習塾とサッカー教室の2本柱。
売上高もほぼ同等。
サッカー事業というのが
かなり注目ポイントです。

なにせ営業利益率が30%を超えています。
公園などの土地で行う、低予算での高収益体質。
あつまろの会社の上司に聞くと
子供がサッカー教室に通っている声も聞きます。
大崩れの心配のないよい事業だと思います。

同社は不採算店の撤退、
北海道、九州からの撤退など
利益追求姿勢。
関東、中部、関西中心の
メリハリが利いた経営をしています。

キャッシュ商売として
ダンス教室や弁当事業など
多角化への試みを続けています。

低予算、利益重視であるため、
他事業に手を出したときの経営への
影響は最小限と予想されます。

(つづく)

blogランキングに一票お願いします

教育テーマ投資 (クリップコーポレーション4705)

あつまろです。

上場している学習塾は
20銘柄弱ありますが、
その中でも財務がひときわよく見えるのが
クリップコーポレーションです。

■まずは財務指標値分析
12月22日終値が1410円。

06年実績のPER12倍
07年予想でPER10倍
⇒学習塾業界はどこもそうですが、
ここも割安です。

ROEが19.7%
自己資本比率72.8%
⇒無借金体質で資産がほとんどキャッシュ。
その中で資本利益率20%弱は優秀です。
15%を超えると優等生とあつまろは見ています。

営業利益率23.3%
⇒すばらしい。

05年から08年までの
予想年間利益成長率は7.1%
⇒特段良くもないですが、
地に足がついた成長の証拠かもしれません。

(つづく)

blogランキングに一票お願いします

投信批判について

あつまろです。

さいきん、ダイヤモンドで
大人気の投信(ファンド)への
批判記事が大きな反響を呼んでいます。

グロソブで有名な毎月分配商品に対する批判。
今年ヒットしたご当地ファンドへの批判。
日興で大ヒットしているベストナインへの批判。
また、FOFs(ファンドオブファンズ)への批判。

目新しい内容ではないですが、
しごくもっともな内容でした。
銀行窓版などで購入している初心者層には
だまされてるんだーと思ってしまうことでしょう。

投信のデメリットは手数料が高いこと。

これは疑う余地がありません。
ですが、それを補ってもメリットがあるケースが
投信にはたしかにあります。

例えば、外国株への投資。
あつまろは東欧株ファンドを
ほんの小額ですが、買っています。

東欧株は個別株式を日本にいては
購入しにくい状況があります。

ですが、エネルギー国家として
存在感をあらあわしてきたロシアを始めとして
どうしてもこの地域への投資をしていみたかったのです。

なので手数料を払ってでも購入しました。
現在の成績は良好です。

ものごとはメリットとデメリットがあるので
デメリットを理解した上で
メリットが上回る場合には
投資すればよいと思います。

ただ、あつまろはなるだけ
手数料の安い投信を買うようにしています。
同じ商品でも、証券会社によって手数料が違います。

blogランキングに一票お願いします

読書感想文 ☆「韓国株」は2008年までに3倍続出☆

あつまろです。

韓国株について情報を仕入れようと
本屋にいったら、この本があったので手にとりました。

「韓国株」は2008年までに3倍続出

本のお題は気にいりませんが、
韓国株投資へのメリットが描かれています。

ただし、こういう本は
韓国株投資のデメリットについては
あまり書かれていないので
そういうデメリットは自分なりに考えて
投資をすべきです。

本書に書かれた韓国株投資のメリットで
あつまろの目を引いた点を挙げます。

。丕釘劼ら見て、世界的にも割安株であるということ

この点は投資に対しての大きな
インセンティブになります。

韓国株はMSCI評価で
「エマージング」から「ディベロップ」に
格上げされる算段がある

これは世界中の投信マネーが
入ってくるということです。

アジアマーケットでの韓国企業の存在感が高い

既に知られていると思いますが、
改めて言われるとなるほど、
という感があります。

特にインドへの進出は日本企業は
完全に遅れをとっています。




blogランキングに一票お願いします

韓国株

あつまろです。

日本から近いですが、
韓国株はなじみが薄い存在です。

その一つに取り扱う証券会社が
少ないこともあると思います。

韓国株はアイザワ証券と
Eトレード証券の2社で
取り扱いをしています。

中国株はかなりの証券会社で
取り扱っていますが、
韓国株はまだまだです。

ですが、個人投資家のアジアへの
熱いまなざしにより
今後は増えていくことになると思います。

また、韓国株情報が少ないということもあります。

中国株はサイトも書籍も充実していますが、
韓国株情報は少ないです。

あつまろは韓国株に興味を持って
いろいろ探しましたが、
投資情報の少なさが
実際に投資するにあたってのネックになっています。

blogランキングに一票お願いします

韓国株

あつまろです。

韓国株投資のメリットは
国際的な優良企業の株価が割安なことです。

例えば韓国最大の企業である
サムスン電子のPERは12倍です。

サムスンといえば
半導体や携帯電話などは
日本の誇る一流家電メーカーが
束になっても負けてしまっている程の
実力があり、一兆円以上の利益を挙げています。

また、液晶テレビ事業では
ソニーと手を組んでいます。
世界シェアを日本企業と争っている状況です。

日本では韓国企業は安かろう、
悪かろうというイメージがあります。

しかし、現在はそうでもないようです。

日本製品に比べると安いかもしれませんが、
品質は高くなってきているようです。
そして、注目ポイントはデザイン力の良さです。

アジアの若者には、
メイドインジャパンより
メイドインコリアの方がかっこいい、
そういうイメージを植えつけることに
成功してきつつあるようです。

実際、アジアに海外旅行に行ったときなどは
サムスンやLGの家電をよく見かけます。

日本では競合が多いからか
極端に韓国製品が排除されているようですが、
もはやメイドインコリアはアジアを席巻しています。

blogランキングに一票お願いします
記事検索
Recent Comments
おすすめ記事
15年保有前提の株式投資
ポイント亡者に気をつけよう
バフェットの視点 賃貸VS持家
敷金を取り戻そう。
プロ野球親会社の歴史
栃木のすごい企業「マニー」
最強日本企業ファナック
便器の王者TOTO
便器の王者に質問!
コマツ〜日本の底力〜上
コマツ〜日本の底力〜中
コマツ〜日本の底力〜下
パナソニックの将来
ホンダの夢、そして現実
マクドナルド I'm loving it ?
マクドナルド戦略的閉鎖
テルモのM&Aってどうなの?
日本電産の冒険
ポートフォリオの考え方
インフレを前提にした資産運用モデル
90%長期投資と10%投機
神奈川県以外に進出しない学習塾
ケチャップの王様、ハインツHeinz
埼玉のすごいスーパー
15期増収増益企業ヤフーの変心
利益を生み出さない企業、アマゾン
世界を席巻する日本のコンビニ
カルビーのココがスゴイ!
投資道
30日ルール:失敗からの教訓
銘柄選び (貯株銘柄)
銘柄選び (逆転銘柄)
銘柄選び (成長銘柄)
投資方針の設定
お金持ちになる薬
株投資チェックリスト(自己診断)
株投資チェックリスト(定量評価)
株投資チェックリスト(定性評価)
株価大暴落に「ありがとう」
その株買うの、ちょっと待った!
サイフを落としました
Archives
Profile
あつまろの
こだわり資産運用

 

twitter
人気記事ランキング
メッセージ

名前
メール
本文
株式投資の未来
株式投資の未来〜永続する会社が本当の利益をもたらす
バフェットからの手紙
バフェットからの手紙 − 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル
経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件
マネジメント
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
プロフェッショナルの条件
プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
銃・病原菌・鉄
銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
ポーター競争の戦略
競争の戦略
コトラーのマーケティング
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版
大局観
大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
自分のアタマで考えよう
自分のアタマで考えよう
知の逆転
知の逆転 (NHK出版新書 395)
  • ライブドアブログ
投資信託の種類