あつまろのこだわり資産運用

個人投資家。長期的な視点で資産運用に取り組んでます。

2006年09月

中国株へ投資する

あつまろです。

あつまろの資産配分は
現在、以下のとおりです。

==========
1.日本株式 26%
2.外国株式 17%
3.日本債券 17%
4.外国債券  3%
5.預貯金  37%
==========

理想の配分は以下のとおりです。

−(理想)−−−−−−−−
1.日本株式 30%
2.外国株式 25%
3.日本債券 15%
4.外国債券 10%
5.預貯金  20%
−−−−−−−−−−−−

理想の配分比率と一番乖離があるのが
外国株式です。

あつまろは外国株式クラスへの投資としては
中国株投資を考えています。
※ちなみに今は東欧株ファンドや先進国インデックスファンドも
少しは持っています。

どうして中国株投資をするかというと、
中国という国への大きな期待感があります。
既にいろんなニュースで中国の有望さは
皆が感じているところでしょう。
あつまろ自身、仕事で中国との関わりが増えてきており、
肌で中国の存在感を感じています。

そして、中国はまだまだ発展途上です。
日本では成熟して下降線をたどるだけのような業種も
中国では成長業種ということが多々あります。

だから、特に穴場企業を探すこともなく、
インフラを担当する企業、
業界トップレベルのシェアを持つ既に優良な企業に対して
投資をすることで中国全体の成長と共に歩むことになると
感じています。

また、中国株は日本株と比較して割安感があります。
理由としてはカントリーリスク、
企業として未熟な点が挙げられますが、
それは今後解消されていくことでしょう。

つまり、日本と比較してですが、
中国は全体的に割安成長株が多いのです。

これから1週間くらいかけて
あつまろの注目する中国株を見ていこうと思います。
その注目企業の中から今年度中に
100万程度購入していこうと考えています。

情報は中国企業情報 2006年下期版
元として出していこうと思います。



blogランキングに一票お願いします

袋分け

あつまろです。

節約が一番、
ノーリスクで確実にお金が貯まる手法です。

あつまろは2ヶ月前から
予算別に袋分けをしています。

今月の予算は1000円。
すごくギリギリです。

やはり制限をつけると
ケジメがついてよいです。

今までなら、
ATMでお金を下ろして
懐がさびしいと感じる機会は
なかったものですから。

このまま袋分けを続けて
出費管理をしていこうと思います、

blogランキングに一票お願いします

マイウェイ

あつまろです。

マイウェイ、my way。
我が道を行く、
自分なりの方法を確立する。

資産運用もマイウェイが大切と思います。

もちろん他の人の意見をうまく
取り入れることは大切ですが、
人それぞれ考え方は違います。

マイウェイで突き進む。

目の前の道は地平線に消えるまで
伸び続ける道であってほしいです。

そうすれば、
横道にそれることは
あまりないでしょう。

思えば小泉総理もマイウェイを
突き進んだんだと思います。
自分の思ったことはやり通す、
ぶれない。

資産運用だけではありません、
仕事、勉強、スポーツ、
なんでもマイウェイを持つと
その人は強いように思います。

マイウェイ。

blogランキングに一票お願いします

401kを活用

あつまろです。

401kは確定拠出型年金です。
企業年金の一種です。

もし、自分の会社で401kを採用しているのであれば、
ぜひ定期預金などの安定運用だけでなく、
株式投信などリスク資産に配分をするべきだと思います。

あつまろが大好きなサイト、
ALL ABOUTでblog401kで投資信託が絶対トクな6つの理由
という記事が載っていました。

要約すると
401kだと投信の手数料が無料(もしくは安い)、
利益は非課税になる
という話です。

あつまろも
普段証券会社で買うと手数料がかかるものも
401kだと買付時手数料が
無料なのは知っていましたが、
保有手数料ともいえる信託報酬も
401k商品は安くなっていることは知りませんでした。

ガイドは退職後まで運用するので
リスクをとるべきと言っていますが、
転職するとなると一度全て売ることになるはずです。
株式に投資していると、たまたま市場下落タイミングと
ぶつかって損するケースもあります。

転職を考えているかどうかで
運用も変わってくると思います。

あつまろは今は転職する気持ちはないので、
TOPIXインデックスオープンに全額拠出しています。
日本株式100%全開です。

長期投資であれば株式が有効な資産クラスということは
歴史が証明していますし(年率6−7%)、
外国株式よりも日本株式の方が手数料が安いということから
このまま10年くらいは日本株で運用していくことになると思います。

blogランキングに一票お願いします

読書感想文 ☆中国株大成功ノート☆

あつまろです。

中国株大成功ノートを読みました。

「儲かる」というのを前面に押し出した
表紙だったので、少し気が引けましたが、
パラパラとめくってみると
日本企業と中国株企業の対比が
載っていたのが面白かったため、
買って読みました。

・スポーツ
ミズノVSりー・ニン

・海運
日本郵船VSチャイナシッピング

・銀行
東京三菱銀行VS中国銀行

・自動車
トヨタVS東風汽車

・携帯電話
NTTドコモVSチャイナモバイル

・電力
東京電力VS華能国際電力

・鉄鋼
新日鉄VSアンガンスチール

・食品
味の素VSコフコ

などなど。

日本では成熟安定業種も
中国では急成長業種になっていたり
ということが伝わります。

この本では、中国株投資は
将来有望ということが書かれています。

ただし、気をつけなければ
いけないのは中国株投資の
デメリットはほとんど書かれていないことです。



blogランキングに一票お願いします

不要なものを取り除いて、シンプルになる

あつまろです。

タンスにあった服を整理して
不要な服を捨てました。

整理することで
あまり着ないけど
まだまだ使える服もあるな、
ということもありました。

不要なものを捨てることで
必要なものがより
いっそう際立ちました。

生活していると
モノはどんどん増えていきます。

ある程度の期間で整理をすることで
また、リフレッシュされます。

これはいろんなことにいえます。
例えば体についても老廃物を排泄する
デトックスが流行っていますし、
お腹についた脂肪もムダなものです。

長年の間に積もった不要物を整理することで
また体がスッキリします。

投資もそうです。

保有銘柄について、
本当に自分が自信を持っている銘柄だけなのか、
株価が下がって塩漬け株になって
売るに売れないことになっていないでしょうか。

また、銀行や証券会社に口座を作りすぎて
管理しきれないこともあります。
クレジットカードもそうです。

必要なものへの選択と集中は
きっと良い効果をもたらします。

blogランキングに一票お願いします

ペットと死別

あつまろです。

個人的な話になりますが、
あつまろはハムスターを飼っていたのですが、
昨日の夜、死んでしまいました。

2年間が経って、
さいきんでは
毛も抜けてきて、
しわのように筋にたるみが
出ていました。

最期の2時間は痙攣していて、とても苦しそうでした。
手足を伸ばすようにして、力つきました。

いままでありがとう。

そう言って、土に埋葬しました。

blogランキングに一票お願いします

投資する前にちょっと待って

あつまろです。

読者の株式投資の失敗談を
特集で見かけます。

その中で目につくのが、
雑誌での推奨銘柄を購入したら
値下がりしてしまった、
というものです。

そんなの鵜呑みにして
バカだな〜っと思うかもしれませんが、
実際、雑誌での推奨銘柄記事を読んでいると、
良いトピックが書かれていて、
それに乗りたくなる気持ちはわかります。

まるで目の前にニンジンを
ぶら下げられた馬、状態ですね。

投資するときって、結構その企業について
楽観になっていることが多いと思います。

そこで。
あえて火照った頭に
冷や水をかけて冷静さを保つように
その企業の不安要素を3つ挙げるのを
習慣にしたらどうでしょうか。

どんな企業でも絶対不安要素はあります。

その不安要素を考慮した上で、
投資するに値するということであれば、
自分の投資に理由付けができますし、
多少株価が値下がってもデーンと
構えていられるのではないでしょうか。

blogランキングに一票お願いします

注目ニュース(自民党総裁・原油価格・クーデター)が目白押し

あつまろです。

注目ニュースが目白押しです。

まずは自民党総裁選挙。

やはり安部さんがダントツで決めました。
ニュースではもう、閣僚が誰がなるかについての
話題へ移っていました。
これからどういう政策を行うか注目です。

次に気になったのが
NY原油価格の下落。

61ドルにまで下がったこともあるらしく、
高騰が一旦落ち着くのか、今後の値動きが気になります。
他商品価格も下がっており、資源インフレは
落ち着いていくことになるのでしょうか。

さらには、タイのクーデター。

歴史小説で江戸時代にタイで活躍した
山田長政の本を読んだことがありますが、
タイは歴史的にクーデターが多い国と書いてありました。
その文化は脈々の続いているんだな、と感じました。

blogランキングに一票お願いします

読書感想文 ☆冠婚葬祭のひみつ☆

あつまろです。

人生の大きなイベントとして
冠婚葬祭があります。

お金の面でも大きなインパクトがあります。
あつまろも冠婚葬祭を知って、
どう対応していくかを知るべく
冠婚葬祭のひみつ」を
手に取りました。

出版元は岩波新書です。
中身は案外、軽いタッチです。

最近の軽い新書ブームで、
ついに岩波もこんなに軽いノリになったのかと
読みやすいのでいいのですが、
ちょっと悲しい気分もしました。

さて、内容については
結婚と葬式の2大イベントを中心に
過去からの歴史を載せています。

切り口が非常に斬新で面白いです。

「日頃は信じていない宗教が
急に必要になるのも冠婚葬祭」

「冠婚葬祭業界というのは、
どうもロイヤルウエディングで
活気づくものらしい」

「あとは『故人の意思』を使い倒す。
故人に勝手なことをするなと言われておりますので、と
『故人の意思』は伝家の宝刀。
これでたいがいのことは押し通せる」

これを読んで思ったのが、
冠婚葬祭なんて、そのときどきの時流。
しょせんは時代の流れの中の一つの形なだけということ。
しきたりや伝統もそのときどきで変わるし、
結局、気持ちの問題だなと思いました。

あつまろが死んだら墓なんていらない。

その辺の山に行って、土の中に灰を埋めて
なんかの木の苗木を買って植えてほしい、
と思いました。



blogランキングに一票お願いします
記事検索
Recent Comments
おすすめ記事
15年保有前提の株式投資
ポイント亡者に気をつけよう
バフェットの視点 賃貸VS持家
敷金を取り戻そう。
プロ野球親会社の歴史
栃木のすごい企業「マニー」
最強日本企業ファナック
便器の王者TOTO
便器の王者に質問!
コマツ〜日本の底力〜上
コマツ〜日本の底力〜中
コマツ〜日本の底力〜下
パナソニックの将来
ホンダの夢、そして現実
マクドナルド I'm loving it ?
マクドナルド戦略的閉鎖
テルモのM&Aってどうなの?
日本電産の冒険
ポートフォリオの考え方
インフレを前提にした資産運用モデル
90%長期投資と10%投機
神奈川県以外に進出しない学習塾
ケチャップの王様、ハインツHeinz
埼玉のすごいスーパー
15期増収増益企業ヤフーの変心
利益を生み出さない企業、アマゾン
世界を席巻する日本のコンビニ
カルビーのココがスゴイ!
投資道
30日ルール:失敗からの教訓
銘柄選び (貯株銘柄)
銘柄選び (逆転銘柄)
銘柄選び (成長銘柄)
投資方針の設定
お金持ちになる薬
株投資チェックリスト(自己診断)
株投資チェックリスト(定量評価)
株投資チェックリスト(定性評価)
株価大暴落に「ありがとう」
その株買うの、ちょっと待った!
サイフを落としました
Archives
Profile
あつまろの
こだわり資産運用

 

twitter
人気記事ランキング
メッセージ

名前
メール
本文
株式投資の未来
株式投資の未来〜永続する会社が本当の利益をもたらす
バフェットからの手紙
バフェットからの手紙 − 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル
経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件
マネジメント
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
プロフェッショナルの条件
プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
銃・病原菌・鉄
銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
ポーター競争の戦略
競争の戦略
コトラーのマーケティング
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版
大局観
大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
自分のアタマで考えよう
自分のアタマで考えよう
知の逆転
知の逆転 (NHK出版新書 395)
  • ライブドアブログ
投資信託の種類