あつまろのこだわり資産運用

個人投資家。長期的な視点で資産運用に取り組んでます。

外国株式についての考察

一日休みで働いてまた休み、いいですね。
きょうの仕事はテンパりましたが、うれしい週末の到来です♪

さて、きょうは外国株式について。

あつまろとしては、
外国株式は大きく2つに分類しています。
・先進国マーケット
・新興国マーケット

まずは先進国ですが、これは代表的な例は米国ですね。
P&G,ウォルマート,コカコーラなど世界を代表する企業が多く、
国の経済基盤も安定しています。
米国企業は日本に比べて高ROEでもあります。
あつまろの投資としては、「SSGA・外国株式インデックス」
(先進国だけでないですが投資規模的に先進国カテゴリーに分類しています)で
様子を見ている状態です。

もう1つは新興国、代表されるのはBRICsですね。
成熟国になりつつある日本と違い、高成長が期待できます。
あつまろとしては中国株式に大いなる期待を寄せています。
中国と中国株については、話が長くなるのでまた別の機会にします。

また気になるのがロシアです。
エネルギー資源豊富なので今後は安心できそうです。
ロシア株を直接取引できる機会があまりないので
いまは「SGロシア東欧株ファンド」を購入しています。
最近の原油高騰ですっかり値上がりしてしまってます。

外国株は日本株にないメリットがありますが、
デメリットも当然あります。中でも以下2点は大きなデメリットです。
・手数料が割高
・企業情報が入手しづらい

それでも外国株(特に新興国株)はリスクを背負っても
投資する魅力に満ちていると思います。

あつまろ資産の中で外国株式は重要なウエイトを占めています。
その中でも中国株は期待の星です☆

日本株式についての考察

資産を5分類したんですが、
これからそれぞれの投資対象について考察します

1.日本株式
2.外国株式
3.日本債券
4.外国債券
5.預貯金

さて、きょうは1.日本株式についてです。

そもそも株のリターンとは年率6%を超えるそうです。
リターン値の高さでいうと株>債券>預金という並びになるそうです。

たしかにリスクはあるものの、
期待値が債券、預金より高い株は
資産運用を支える有力候補です。

しかも、現在の投資環境は以下の通り追い風が吹いています。
・政府(国)・・・「直接投資へ」をスローガンに税金優遇(譲渡益の時限措置減税)
・証券会社・・・・ネット普及と共に手数料を低下
・企業  ・・・・不況を通して売上第一から利益第一の経営へ。株主を意識した経営変換している

さいきんは企業の好決算と小泉改革の順調さが原因でしょうか、
日経平均株価もどんどんあがっていて、そろそろ14000円もうかがう状態です。

高所恐怖症の人は「いまに落ちる、落ちる」と言っていますが、
長い目で見ると15000円は間違いなく超えるでしょう。

たしかに今後、調整局面があるんでしょうが、
短期をなるたけ気にしないようにしている僕としては
今の状況は「売り」ではなく、「待ち」or「 買い」の状態だと思っています。

では、日本株の投資対象商品についてですが、
僕の資産状況から見て以下2パターンの選択肢があります。

仝鎚務(集中投資、ミクロ)
投信(分散投資、マクロ)

仝鎚務瑤亘佑了饂詐況では、とても分散投資はできません。
なので個別株=特定企業への集中投資、と考えています。

このカテゴリーは、いまは自社株しかないのですが、
注目企業として
エイジス、キャノン、シマノ、日清医療食品などがあります。

どの企業も安定した事業基盤を持っていて、
自己資本利益率が高い、比較的高ROEとなっています。

安定して利益を出し続ける会社、これが一番です。
そして、株価が安くなったときにピッと買い注文を入れるだけです。

あとは三洋電機も気になっています。
なんとも業績は良くないのですが、再生企業としての魅力を感じます。
株価の安さも大きな魅力の要因のひとつです。

投信については現在さわかみファンドを持っています。
手数料は安いし、信頼できるし、リポートが勉強になるし、と
なんとも満足度の高い投信です。

定期購入しています。

個人的には持ち株とさわかみファンドを通して
毎月日本株への資金量を増やしているため、
資産における日本株の比率は高いです。

そのため、今後は個別株投資で有望企業(銘柄)を探しつつ、
株価、業績をチェックし続けて、いい機会があれば「買い」を入れるだけです。

さて、その買いの銘柄は何になるんでしょう。

楽しみです、次回は外国株式です

保有している資産について

保有資産について。

以前、内藤忍さんの著書を読んだことと
年金基金の運用から資産配分(アセットアロケーション)を
明確に意識し始めました。

大きく5つに資産を分類します。
1.日本株式
2.外国株式
3.日本債券
4.外国債券
5.預貯金

そして5つの分類は具体的にどんなのを持ってるのかというと・・・

1.日本株式
⇒持ち株(自社株)
⇒さわかみファンド

じつは、日本株(個別株)は持ってないんです。
あれ買いたい、これ買いたいと思いつつ、買えていません。

2.外国株式
⇒中国株4銘柄
⇒中国ファンド、東欧ファンド、世界株式インデックス

3.日本債券
⇒財形(公社債投信)

4.外国債券
⇒米ドルMMF
⇒豪ドルMMF
⇒ハイイールド債ファンド

5.預貯金
残りは普通預金、およびMRFです。

まだまだ資産構築途上です。

気になるポイントは、日本株における自社持ち株の比率が
極めて高いことです。

あと、外国債券の割合が低いこと。
まとまった金額もないし、当面は外貨MMFが主力だと思っています。
ですが、最近の円安でとても手が出る状態ではないですね。
来春以降で円高局面があれば少し買いを入れようと思います。

僕の方針は基本的には持ち続けること。
できる限り、売らないように心がけています。

本当にいい金融商品は愛着のある鞄や時計みたいなもの。
金融商品もいいものに囲まれて生活したいですよね。

はじめまして、あつまろです

はじめまして、あつまろです。

案外、簡単にブログってできちゃうんですね。
ひっそりと始動しました。

まずは簡単な自己紹介です。
===============
現在25歳
入社3年目で、資産は350万程度です。
===============

お金のことを考えるのが大好きです。
あまり欲張らず年率最低3%の利益を随時出していきたいです。

28歳までに1000万というのがいまの中期的な目標です。

1000万あれば年率3%の利益で30万。
30万というと1ヵ月分の給料です。
1ヵ月分の給料を手にできると考えると・・・

などと気がつくと皮算用をしている自分を発見します。

株式、債券、投信などの金融商品を、
なるべくシンプルに運用することを心がけています。
今後は自分の資産状況、各種金融商品への考え方を書いていこうと思います。

これからどうぞよろしくおねがいします 
記事検索
Recent Comments
おすすめ記事
15年保有前提の株式投資
ポイント亡者に気をつけよう
バフェットの視点 賃貸VS持家
敷金を取り戻そう。
プロ野球親会社の歴史
栃木のすごい企業「マニー」
最強日本企業ファナック
便器の王者TOTO
便器の王者に質問!
コマツ〜日本の底力〜上
コマツ〜日本の底力〜中
コマツ〜日本の底力〜下
パナソニックの将来
ホンダの夢、そして現実
マクドナルド I'm loving it ?
マクドナルド戦略的閉鎖
テルモのM&Aってどうなの?
日本電産の冒険
ポートフォリオの考え方
インフレを前提にした資産運用モデル
90%長期投資と10%投機
神奈川県以外に進出しない学習塾
ケチャップの王様、ハインツHeinz
埼玉のすごいスーパー
15期増収増益企業ヤフーの変心
利益を生み出さない企業、アマゾン
世界を席巻する日本のコンビニ
カルビーのココがスゴイ!
投資道
30日ルール:失敗からの教訓
銘柄選び (貯株銘柄)
銘柄選び (逆転銘柄)
銘柄選び (成長銘柄)
投資方針の設定
お金持ちになる薬
株投資チェックリスト(自己診断)
株投資チェックリスト(定量評価)
株投資チェックリスト(定性評価)
株価大暴落に「ありがとう」
その株買うの、ちょっと待った!
サイフを落としました
Archives
Profile
あつまろの
こだわり資産運用

 

twitter
人気記事ランキング
メッセージ

名前
メール
本文
株式投資の未来
株式投資の未来〜永続する会社が本当の利益をもたらす
バフェットからの手紙
バフェットからの手紙 − 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル
経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件
マネジメント
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
プロフェッショナルの条件
プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
銃・病原菌・鉄
銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
ポーター競争の戦略
競争の戦略
コトラーのマーケティング
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版
大局観
大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
自分のアタマで考えよう
自分のアタマで考えよう
知の逆転
知の逆転 (NHK出版新書 395)
  • ライブドアブログ
投資信託の種類