あつまろのこだわり資産運用

個人投資家。長期的な視点で資産運用に取り組んでます。

個人向け国債2

あつまろです。

きょうは5大資産の中から『3.日本債券』のカテゴリー。
テーマはきのうに引き続き個人向け国債について。
==============
1.日本株式
2.外国株式
3.日本債券
4.外国債券
5.預貯金
==============

現在の金利下では個人向け国債の魅力は
あまり感じないのが現状です。

しかし、景気が上向きになり、
量的緩和解除の時期を模索し始めてきているのが
最近の動向です。

そこで株式への積極的に収益を狙う資金とは別に
守りの資金として変動金利型10年債に預けるのは
いいかもしれません。

今後、5〜6年後には日本の金利も
3%くらいまで上昇しているかもしれません。

そのときであれば十分魅力がありますし、
金利上昇してくれば固定金利型5年債も
十分に使える商品となります。

あつまろは当面(5,6年のスパンで)大きなお金を必要としないため、
できるだけ株式に資金を向けています。
しかし、5,6年後に金利が上がってくるようになり、
かつ住宅購入の目標や、子供がいたりするような場合を想定すると
株式の比率を減らして債券で確実に利回りを確保する、
という選択肢は十分使えます。

個人向け国債は今後、日本の金利と自分の支出プランの動向次第で
うまいこと使える商品になるかもしれません。

ニュースを見ながら注目していくつもりです。

個人向け国債

あつまろです。

きょうは5大資産の中から『3.日本債券』のカテゴリー。
テーマは個人向け国債。
==============
1.日本株式
2.外国株式
3.日本債券
4.外国債券
5.預貯金
==============

個人向け国債って株式投資をしている人なら
けっこう実感されると思いますが、
魅力ないんですよね。

なんせ金利が1%切っています。
ずっと定期預金など預貯金運用に従事されている人なら
安全志向で魅力を感じるんでしょうが。

その個人向け国債。
最近、固定金利型5年債が発売されました。

これで変動金利型10年債とで2種類です。
それにしても金利が低い今は魅力のない商品です。

しかし、5年後には状況が変わっているかもしれません。
ちょっと仮説を立ててみるとそれなりに
使える商品のように思えてきました。

(つづく)

さいきんの日本株高について

あつまろです。

きょうは5大資産の中から『1.日本株式』のカテゴリー。
テーマはさいきんの日本株高について。
==============
1.日本株式
2.外国株式
3.日本債券
4.外国債券
5.預貯金
==============

日経平均もそろそろ15000円超えるかどうかが
話題になってきました。
お昼でも株価の話題が上がります。

その中で株価は今にもグっと下がるんではないか、
という悲観論が出ます。

たしかにバブル崩壊で株価は4分の1以下になりました。
しかも、ITバブルで半値以下になりました。

でも待ってください。
そんなに悲観することもないんではないでしょうか。

過去の経験からか株価が上がると、
必ず下がるものと思われている人が周りにいます。
たしかに調整局面はあると思います。

でも、今回の株高の背景の一つには
企業業績の回復(財務健全化+本業強化による)があります。

たしかにアメリカ、中国の好影響を受けている面はありますが、
地に足がついています。
そこまで大崩れすることはないんではないでしょうか。
たしかに年内に15000、6、7、・・・20000円と急上昇するとミニバブルみたいですが、
15000円くらいであれば、まだまだ適正な範囲ではないかと思います。

歴史的にみて株価は年率6%くらいで上昇しているそうです。
これをもとに考えると

長い目で見ると多少の上下があっても、右肩上がりになるはずです。

結論。
株価が高くなって慌てて売る必要はない。

支出を意識した資産運用

あつまろです。

昨日は人生の3大支出は
「教育費」「住居費」「老後の資金」という話をしましたが、
この3大出費以外にも様々な支出があります。

例えば、車の購入、海外旅行、結婚、出産などなど。

これらの支出はいつ、どれくらい用意するかを意識して
準備する必要があります。

買ってから、後で分割払いというのは
別途金利をとられるので割高となり損です。

先に資金を準備して購入する習慣をつけるに越したことはありません。
先手先手をうった対応を打つ人、常に後手後手で分割払い金利で払う人では
大きな差が生まれます。

人生の3大支出

あつまろです。

人生の3大支出って何だかご存知ですか?

あつまろは最初、「そんなの簡単だ、衣住食の3つに決まっている」と
思ったのですがどうやら違うそうです。

それは「教育費」「住居費」「老後の資金」だそうです。
あまりパッとしなかったのですが、だんだんと
上の3つの支出は資産運用する上で避けて通れない支出だな、と
思ってくるようになりました。

たとえば、住宅費については
一戸建てやマンションを購入するとなると
何千万円もする大きな買い物です。
当然住宅ローンを借りることになります。

そうなってくるとできるだけ借入金を減らすために
頭金を多く払うのがベストですが、そのときにまだ
売りたくない株を泣く泣く売却するという状況は避けたいものです。

なのでこの3大支出について数年〜数十年かけて
準備することが大切だと思います。

資産運用の第一歩とは

あつまろです

資産運用の考え方について
これから連続で書いていきます。

まずは、大きく3つに持ち金を分類することから始めます。
流動性、安全性、収益性です。

流動性はいつでも換金できるもの、預貯金やMRFなどが代表的です。
安全性は元本割れしにくいもの、定期預金や個人向け国債などが代表的です。
収益性はリスクをとってもリターンをとりにいくもの、株式や外国債などが代表的です。

流動性と安全性と収益性のバランスはその人の投資への考え方により
配分が変わってくると思います。
例えば、元本割れリスクをとりたくないという人なら
流動性と安全性だけということになります。

また、どの時期(WHEN)にどれだけ(HOW MUCH)お金を準備するかに
よってバランスは変わってきます。

次は資産運用のバランスを考えるにあたって
重要な支出について述べていきます。

貯蓄率

あつまろです。

収入ー支出=利益(貯蓄額)について
きのうは支出にターゲットを置いてお話しました。
きょうは貯蓄に焦点を絞ります。

収入に対する貯蓄率について。

独身の場合、手取収入に対して
/討汎欝or社員寮なら30%
賃貸なら20%
が目標値と言われています。

あつまろとしては
あと3年後の28歳時点を目標に
貯蓄率を50%になることを目指しています。

収入が500万、支出は250万以内で
収入(500以上)−支出(250以内)=貯蓄(250以上)
その内訳になります。

そのときもまだ社員寮住まいじゃないと
とてもじゃないですが達成できそうにありません。
住宅費は本当に支出の中で大きなウェートを占めています。

収入−支出=利益(貯蓄額)

あつまろです。

タイトルにあるとおり、
収入ー支出=利益(貯蓄額)というイメージ日頃意識しています。

サラリーマンのあつまろにとっての収入とは
収入≒給料+運用益となります。

株で○○円という本もよくありますが、
あれは結局、給料以外で収入を増やすという考え方です。

できるだけ収入は多くしたいものです。
しかし、なかなか運用益はうまくいかないのです。

そこで確実なのは支出です。
地味ですが、支出に注目することが
資産を増やす近道だと思います。

あつまろは一年間で貯める金額を
200万としていますので年間の支出は貯蓄額をもとに
制限しようとしています。
支出=収入ー貯蓄(200万)

今年度の達成はなんとかメドが立ってきましたが、
25歳のあつまろは今後給料UPしていくので収入は増えていきます。

今年度の支出をメドに今のように社員寮一人暮らしをしている間は
支出が大幅増加しないように一年間の支出制限をしようと思いました。

支出が一定で、収入が増加すれば貯蓄額は年々右肩上がり!
そんな楽観気分です。

年間支出250万以内(住宅費除く)に抑えたいんですが、
それだと月12万ちょいとなり、
今の生活だとちょっとオーバーしそうです。

住宅費除いて年間250万以上使ってるって
自分で思ってるよりけっこう贅沢な生活してるんだなーっと反省しました。

支出を抑えて以下のイメージ通りとなるようにします。
収入(↑)−支出(-)=貯蓄額(↑)

そうして日々一歩ずつ資産を増やす。
そして今は限られたお金で運用の経験、知識を蓄える。

そして5年後の30歳になったときにはあつまろの資産運用は
より厚みを増しているはず、そういうイメージを描いています。

米ドルMMFの解約

あつまろです。

きのう書いていましたが、
1ドル119円になってきましたので、
(平均買付為替は1ドル109円)
一部解約を実施します。

他に外貨としては豪ドルもあり、
こちらも円安が続いているので為替をみると
1ドル87円となっていて、あつまろは
1ドル約79円ですので、保有継続です。

フォローしますと、
外貨建債券は、この金利下では魅力的です。
ただし、為替の状況で一部引き上げを検討しています。
また円高になると、敢然と買いを入れるつもりでいます。

ただし、それがいつになるかは為替の動向次第ということになります。

ドル高

あつまろです。

さいきんはドル高が進んでいます。

次期FRB議長がバーナンキ氏になり、FF金利を上げることで
ドル建て債券の金利上昇期待ということなんでしょうか。

さいきんはあつまろの保有している米ドルMMFも
金利3%とこの時期にすると魅力的な投資先となっています。

しかし、あつまろは米ドルMMFは
あえてこの時期に売りを入れようと考えています。

原則、外貨建て債券は金利で運用と考えていますが、
為替が変動してきて、為替差益をいったん確定しようとしています。

というのも、あつまろは1ドル100円で購入したとすると
1ドル90円で買い増し、90円以下は下がるたびに買う。
逆に110円だと売り、さらに上昇すると売っていくという方針だからです。

その間の為替変動では買いたくても、
あえて我慢して買いません。

その米ドルが平均買い付けが109円頃でしたので
そろそろあつまろルールでは売りをいれどき、ということになるのです。

金利上昇と資産配分の観点から外貨建て債券の割合を増やしたいのですが、
無理は禁物ですね。ルールを優先しようと思います。
記事検索
Recent Comments
おすすめ記事
15年保有前提の株式投資
ポイント亡者に気をつけよう
バフェットの視点 賃貸VS持家
敷金を取り戻そう。
プロ野球親会社の歴史
栃木のすごい企業「マニー」
最強日本企業ファナック
便器の王者TOTO
便器の王者に質問!
コマツ〜日本の底力〜上
コマツ〜日本の底力〜中
コマツ〜日本の底力〜下
パナソニックの将来
ホンダの夢、そして現実
マクドナルド I'm loving it ?
マクドナルド戦略的閉鎖
テルモのM&Aってどうなの?
日本電産の冒険
ポートフォリオの考え方
インフレを前提にした資産運用モデル
90%長期投資と10%投機
神奈川県以外に進出しない学習塾
ケチャップの王様、ハインツHeinz
埼玉のすごいスーパー
15期増収増益企業ヤフーの変心
利益を生み出さない企業、アマゾン
世界を席巻する日本のコンビニ
カルビーのココがスゴイ!
投資道
30日ルール:失敗からの教訓
銘柄選び (貯株銘柄)
銘柄選び (逆転銘柄)
銘柄選び (成長銘柄)
投資方針の設定
お金持ちになる薬
株投資チェックリスト(自己診断)
株投資チェックリスト(定量評価)
株投資チェックリスト(定性評価)
株価大暴落に「ありがとう」
その株買うの、ちょっと待った!
サイフを落としました
Archives
Profile
あつまろの
こだわり資産運用

 

twitter
人気記事ランキング
メッセージ

名前
メール
本文
株式投資の未来
株式投資の未来〜永続する会社が本当の利益をもたらす
バフェットからの手紙
バフェットからの手紙 − 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル
経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件
マネジメント
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
プロフェッショナルの条件
プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
銃・病原菌・鉄
銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
ポーター競争の戦略
競争の戦略
コトラーのマーケティング
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版
大局観
大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
自分のアタマで考えよう
自分のアタマで考えよう
知の逆転
知の逆転 (NHK出版新書 395)
  • ライブドアブログ
投資信託の種類